薄毛

薄毛の原因を知ろう!まずは理解することが悩みの解決の第一歩!

更新日:

すべての物事に原因があるように、薄毛についても同じことがいえます。

「やっぱり将来オレも薄毛になるんかな…。」

「だんだん生え際ヤバくなってるけど、これってやっぱり家系なのかな。」

きっとこう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

何を隠そう僕だって家系に薄毛の人が多く、30代になった直後からズルっとイキかけた瞬間がありました。

遺伝的に薄毛になりやすい家系の人は、なんの前触れもなく急にガツンときたりするからこれが怖いんですよね。

もちろん僕の弟がそうだったように、20代から生え際が明らかに後退するほど、薄毛エリートのパターンだってあるわけです。

医学的にも薄毛が遺伝することはわかっていますが、何にせよ薄毛を克服するためには、まず原因を知ることが最初の一歩です。

リョウ
生え際の後退や頭頂部が透けてるのを見つけた時の衝撃は、一生忘れることはないと思うよ…。

 

薄毛(AGA)の根本的な原因

薄毛(AGA)の根本的な原因

薄毛になりうる原因は多岐に渡ります。

ですがその根本にあるのは、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロンの影響」です。

ジヒドロテストステロンが増えると、脱毛因子を誘発してしてAGA(男性型脱毛症)の原因に。

このホルモンが本来よりも短いスパンで「髪の毛よ抜けろ」という司令(脱毛司令)を出すようになり、髪の毛が成長する前に抜けてしまうことを繰り返します。

これが続くと、ヘアサイクルが乱れてしまうため、生え変わる度に細く弱々しい髪の毛となるのです。

そしていずれはまったく生えてこなくなる…。

俗にいう「男性ホルモンが多い人ほどハゲる」というウワサは、まさにこのことなのですね。

そして薄毛になるといわれる大半の原因が、ジヒドロテストステロンを増やしてしまうことにあるのです。

 

テストステロンは悪くない!許してあげて!

男性は生まれてから成長していく過程で、男らしい骨格や体つきへと変化します。

この時に影響する男性ホルモンが「テストステロン」と呼ばれるもので、薄毛との関係性ほどんどありません。

それどころか男らしさの源である、筋肉を合成したり、闘争心を呼び起こすなど、有益で欠かせないもの

薄毛には男性ホルモンが関わっているといわれますが、テストステロンのことではありません。

問題なのはジヒドロテストステロンなのです。ぜひ覚えてあげてください。

リョウ
テストステロンは悪くないんです。許してあげて!むしろテストステロンが満ちているほど、ジヒドロテストステロンは減ります。だから世の中の野郎どもはガンガン筋トレしてドバドバとテストステロンを増やしてほしい。

 

テストステロンが減るとジヒドロテストステロンが増える

なぜジヒドロテストステロンが増加してしまうのでしょうか。

それはテストステロンの分泌量が低下してしまうからです。

テストステロンなどの性ホルモンは、体と心を正常に保つために必要不可欠なもの。

性ホルモンが足りないと筋肉がつきにくい、心が不安定になるなど、さまざまな異常を引き起こしてしまうのです。

そのままでは健康を維持できないため、体は少ない量のテストステロンでなんとかしようと試みます。

具体的には5αリダクターゼと呼ばれる酵素を分泌し、テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまうことで対応するのです。

なぜならジヒドロテストステロンは少量でも、テストステロンの数十倍の作用を持つとされています。

それだけなら有益なようですが、ジヒドロテストステロンはテストステロンの20倍以上ともいわれる脱毛作用を持っていることが問題なのです。

リョウ
ジヒドロテストステロンが増えると、倦怠感とやる気の低下まで引き起こしちゃうんだって。

 

薄毛の原因①:遺伝

遺伝と薄毛

薄毛は遺伝することについて、だれもが知っていると思いますが、残念ながらこれは事実です。

◆遺伝する薄毛のファクター

  • 5αリダクターゼの分泌量
  • 5αリダクターゼの感受性
  • 骨格による血流

薄毛の遺伝にはこの3つが関係しています。

僕も母方の家系に薄毛の人が多くて、何もしなければハゲる将来が約束されているようなもの。

自分が遺伝の影響を受けやすいのかを知っておくことは、薄毛を克服・予防のためには欠かせません。

 

5αリダクターゼの分泌量

ジヒドロテストステロンの量を増やす酵素「5αリダクターゼの分泌量」は、遺伝子に組み込まれています。

5αリダクターゼの分泌量が多いほど、脱毛させるジヒドロテストステロンも増え、これが遺伝が薄毛に大きく影響しているのです。

また薄毛の遺伝と聞くと、父方の家系から遺伝すると思われがちですが、じつは母系の遺伝の影響を受けやすいとされています。

つまり母方の家系に薄毛の人が多いほどリスクが高くなる、ということですね。

もちろん父方の家系がまったく関係ないことではないことに注意してください。

 

ジヒドロテストステロンの感受性

ジヒドロテストステロンに関する遺伝は、分泌量のほかに感受性にも関係しています。

つまり感受性が高いほどジヒドロテストステロンの発する脱毛因子の影響を受けやすく、抜け毛になりやすいのです。

5αリダクターゼの分泌量が多くても、ジヒドロテストステロンの感受性が低い人は比較的薄毛になりにくく、感受性が高い人は少しの量でも薄毛になりやすいのです。

つまりこの酵素の分泌量が多くて、感受性まで高い人は、薄毛のリスクは倍ということですね。

薄毛の進行が異常に早い人は、5αリダクターゼ分泌量とジヒドロテストステロンの感受性の両方を遺伝している恐れがあります。

 

病院・クリニックで薄毛の遺伝を診断してもらう

AGA専門のクリニックなどでは、ジヒドロテストステロンの量と感受性の高さ、頭皮の血流状態を診てもらえます。

ですがチェックだけで病院に行くのも面倒だと思いますから、自宅で薄毛の遺伝をチェックする方法もあるので試してみるのもよいかもしれません。

リョウ
家でかんたんに遺伝を検査できるのは助かるね。病院で恥ずかしい思いもしなくていいし。ちなみに僕は検査キットでばっちり遺伝してることがわかったよ(泣)

 

>>男性型脱毛症・遺伝子検査キットならこちら

 

薄毛の原因②:食生活の乱れ

食事に関わる原因(食生活・食べ物)

髪の毛に限らず、食事は健康のためにとても重要です。

体は食べたものを材料に作られますから、髪の毛も例外ではありません。

つまり食生活が乱れると、それだけ薄毛の原因につながるということ。

ジヒドロテストステロンの量を増やすことにつながり、血流を悪くする、栄養が足りずに健康な髪が作れないといった問題の引き金にもなります。

 

脂質の摂りすぎるとジヒドロテストステロンが増える

脂質の多い食べ物をよく食べる人は「肥満になりやすい」ことと「皮脂の分泌が増える」の2つにより、薄毛になりやすいとされています。

肥満になるとテストステロンの分泌量が、最大で15%低下するという研究結果もあるため、脂質の摂り過ぎで太らないことは大切です。

また脂質の食べ過ぎにより、皮脂の分泌量が増えると、皮脂が酸化して頭皮にダメージを与えやすくなることにも注意。

皮脂が参加すると、活性酸素と呼ばれる老化促進物質を発生させ、頭皮にダメージを与えてしまい、ジワジワと薄毛を進行させます。

頭皮の環境を正常に保つためにも、脂物の食べ過ぎには気を付けましょう。

ちなみに同じ油を摂る場合でも、植物に多い不飽和脂肪酸より動物性の脂に多い飽和脂肪酸の方が薄毛につながりやすいです。

リョウ
某ハンバーガーやスナック菓子がいちばんやばいです

 

糖質の摂りすぎもジヒドロテストステロンを増やす

糖質の摂りすぎ

糖質の食べ過ぎは、脂質と同様に「肥満になりやすい」ことと「テストステロンの減少」という直接的な影響があります。

糖質を食べ過ぎると、テストステロンの分泌量が最大で25%も減ってしまったという実験結果もあるほど。

そもそも日本人の食生活は、主食と副菜という考え方が骨の髄まで染み込んでいますから、炭水化物の量が多くなりやすいため注意が必要です。

そのため意識的に、炭水化物や甘い物の量を減らすとハゲにくくなるでしょう。

 

ミネラル・ビタミンが不足すると髪の毛が作られない

ミネラルやビタミンは不足しやすい栄養で、髪の毛の成長にも深く関わっています。

亜鉛や各種ビタミンは、髪の毛の成長や頭皮を健康に保つために重要な役割を持っているのです。

とくに亜鉛は「育毛ミネラル」といわれるほど重要なミネラルで、髪の毛の細胞分裂に関わり、成長に欠かせない働きを持ってます。

さらに亜鉛には、AGAの原因である5αリダクターゼの抑制効果もあり、育毛のほぼすべてに関わっているため非常に大切なのです。

亜鉛が髪の毛に大切なのは知っていたけど、そこまで大事だったなんて。
マサオ

リョウ
亜鉛はミネラルの中でもとくに重要ですよ。とにかく亜鉛はたくさん摂って!

 

薄毛の原因③:睡眠不足

薄毛の原因③:睡眠不足

睡眠不足はテストステロンの分泌を下げてしまいます。

5時間睡眠が1週間ほど続くだけで、テストステロンの量が10%も下がるといわれているのです。

この数値は加齢によるテストステロンの減少に換算すると10年分にもなることから、睡眠不足が薄毛の原因となるのもなんだかナットクです。

それに眠っている間には、90分間隔で訪れるノンレム睡眠時に、髪の毛を成長させる「成長因子」が分泌されています。

眠る時間を削るほど、成長因子を分泌する貴重なノンレム睡眠の時間が減るわけですから、それだけ薄くなりやすくなるのです。

テレビやネット、SNSなどを楽しんでいるとついつい夜更かししてしまいますが、できるだけ睡眠時間は確保したいところ。

髪の毛の成長には、最低でも6時間以上の睡眠時間が必要とされていますから、できる限り早い時間に寝るように心がけたいですね。

ぼくも忙しい毎日が続くと、なかなかそうはいかないんですけどね。

 

薄毛の原因④:仕事のし過ぎによる生活リズムの乱れ

薄毛の原因④:仕事のし過ぎによる生活リズムの乱れ

睡眠時間にもつながることですが、仕事のし過ぎで生活リズムが乱れていると、薄毛の危険性は高まります。

毎日忙しくてそうはいってられないことを重々承知のうえで指摘すると、できるだけプライベートも大切にしてあげてください。

ストレスを解消する時間も減り、睡眠時間も削られ、食事の内容も乱れ、運動不足にもなってしまうことでしょう。

たまには自分をいたわってあげてくださいね。

リョウ
僕も仕事のし過ぎで生活が乱れに乱れた時期がありましたが、控えめに言って抜け毛が半端じゃなく増えました。

 

薄毛の原因⑤:運動不足

薄毛の原因⑤:運動不足

運動不足はテストステロンの量を減らし、ジヒドロテストステロンを増やします。

体に欠かせないテストステロンは、筋肉を使うことで分泌を促します。

筋トレやランニングだけではなく、体を動かくことがとにかく大切なのです。

つまり裏を返すと、運動不足になるほどテストステロンの分泌量が減るため、ジヒドロテストステロンが増えてハゲてしまうことに。

日常でもなるべく階段を使う、できるだけ歩く、といったことを意識するだけでも違いますよ。

リョウ
テストステロンは闘争心や活力の源泉となるもの。薄毛にならないためではなく、仕事で結果を出すためや毎日の生産性を上げるためにも大切なんですよ。

 

薄毛の原因⑥:お酒・アルコールの飲みすぎ(飲酒)

 アルコールの飲み過ぎ(お酒・飲酒)

お酒の飲み過ぎもジヒドロテストステロンを増加させるため薄毛に繋がります。

アルコールを分解する過程でできるアセトアルデヒドは、5αリダクターゼの働きを活性化させ、ジヒドロテストステロンを増加させるのです。

ほかにもアルコールには、髪の毛の成長に必要なビタミンやミネラルの吸収を阻害する作用があるほか、分解するためには髪の毛の材料であるアミノ酸を大量に消費することも問題。

また日本酒やワインなどの醸造酒には、糖質が含まれているため、飲み過ぎれば「糖質の摂りすぎ」にもつながります。

仕事終わりのお酒はやっぱりおいしいものですが、髪の毛と健康のためにも適量で抑えておきたいところですね。

うわ。やっぱりお酒ってハゲにつながっちゃうんだね。めっちゃお酒好きだからこれはつらい。
マサオ

リョウ
ぼくの周りの酒飲みの人も歳を取ると薄毛になっちゃった人は多いけど、やっぱりアルコールは関係してそう。親戚でもお酒飲まない人はハゲてないもんね。

 

薄毛の原因⑦:紫外線と日焼けのし過ぎ

薄毛の原因⑦:紫外線と日焼けのし過ぎ

ヘアスタイルがスキンヘッド・ボウズ・ベリーショートの人に限られますが、頭皮に直接紫外線が当たりすぎると薄毛につながる可能性は大です。

アウトドアが趣味で、毎シーズン何度も頭皮が直接日焼けして皮がむける、なんて人は要注意かもしれません。

僕の趣味はサーフィンなのですが、ベリーショートで夏シーズンを迎えて海にいると、頭皮が確実にダメージを受けている自覚があります。

紫外線は皮膚の下まで吸収されますから、それだけ毛母細胞にも影響があるということ。

Q. 海やプールで頭皮や髪の毛を濡らすことになりますが、海水や塩素を含んだ水が髪の毛に与える影響としてはどのようなものが考えられるでしょうか?日焼けと合わせて何か影響があれば教えて下さい。

A. 塩素はタンパク質を変性させるため頭皮や髪にダメージを与えます。海水の浸透圧やミネラルも同様にダメージの素となります。髪の水分が失われパサつき抜け毛や切れ毛の原因となり得ます。さらに紫外線を浴びることでダメージは蓄積されます。海に入る前は帽子などを被り紫外線を防ぐこと、プールに入る際はシリコン製のキャップをしっかりと被ること、水から上がったら速やかにシャンプーで海水や塩素を流すことが重要です。水洗いだけでは不十分なので注意しましょう。

(出典:ゴリラクリニック公式サイト/【サーファーはハゲやすい?】海やプールの水で抜け毛が促進?海水、塩素、紫外線によるダメージに気を付けろ(抜け毛予防))

意外に紫外線の影響は知られていませんが、僕と同じでアウトドアが大好きな人は、何かしら対策をした方がよいかもしれません。

リョウ
こんなことを言いつつ、僕もめんどくさくて結局何もしないんだけどね

 

薄毛の原因⑧:喫煙(タバコ)

薄毛の原因⑧:喫煙(タバコ)

タバコに含まれているニコチンには、テストステロンを減少させる作用があります。

◆なぜタバコが薄毛になるのか

  1. ジヒドロテストステロンが13%も増加
  2. 血管を収縮させて血流が悪くなる
  3. ニコチンの分解にビタミン・ミネラルが浪費される

タバコを吸うとテストステロンの量は9%増加しますが、同時にジヒドロテストステロンの量も13%増加するという研究結果も。

さらにニコチンには、血管を収縮させる作用があり、血流を悪くするため、これも髪の毛のためにはよくありません。

またニコチンは肝臓で分解されますが、このときに髪の毛の成長に必要なビタミンやミネラルが消費されるため、さらに薄毛を進行させます。

まさにタバコは健康と髪の毛のために百害あって一利なし。

わかっちゃいるけどなかなか止められないのがタバコですが、喫煙者への風当たりが強くなっていることもふまえて、この機会に禁煙してみるのもいいかもしれないですね!

 

関連記事うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

薄毛の原因⑨:ストレスや心労

薄毛の原因⑨:ストレスや心労

ストレスや心労を溜めるとハゲると言われますが、実際に薄毛に繋がります。

なぜならストレスや心労を溜めると、ストレスホルモンであるカテコラミンと同時に有害な活性酸素が作られ、分解される時に亜鉛が消費されるから。

◆ストレスで亜鉛が分解される過程

  1. ストレスを受ける
  2. ストレスホルモンと活性酸素が生産される
  3. 活性酸素の分解にメタロチオネインが使われる
  4. メタロチオネインはたくさんの亜鉛で構成されている
  5. ストレスを受けるほど亜鉛が消費される

活性酸素の分解・無毒化には、メタロチオネインと呼ばれる抗酸化性タンパク質が使われます。

メタロチオネインは多くの亜鉛から構成されているため 、ストレスホルモンと活性酸素が生産されるほど消費されてしまうのです。

これがストレスや心労が薄毛になるといわれる理由です。

もちろん少しくらいくらいではまったく問題はないのですが、慢性的に強いストレスを感じるようなことがあれば、影響を受ける恐れはじゅうぶんにあります。

 

薄毛の原因⑩:皮脂づまり

薄毛の原因⑩:皮脂づまり

皮脂は頭皮を菌やウイルスから守るために必要な天然のバリアですが、あまりにも量が多ければ毛穴を詰まらせて薄毛の原因となります。

しかもそのまま放置していると、皮脂が酸化して固くなり、頭皮に炎症を起こす原因にも。

頭皮にニキビ・吹き出物ができ始めると、よくないサインです。

◆皮脂づまりはなぜ起こる?

  1. 脂質と糖質の食べすぎ
  2. 雑なシャンプー
  3. 皮脂の酸化

皮脂が分泌され過ぎる理由はいくつもありますが、やはり一番の理由は食事の影響。

脂質と糖質の量を控え、毎晩のていねいなシャンプーが、皮脂づまりを予防する秘訣です。

炎症が起きるまで放置していると、毛母細胞にダメージが蓄積し、確実に薄毛を進行させてしまいます。

 

薄毛の原因⑪:頭皮の硬さと血行の悪さ

薄毛の原因⑪:頭皮の硬さと血行の悪さ

頭皮の硬さと血行の悪さが薄毛に影響していることは知られていますよね。

そのとおり頭皮が硬くなるほど血行は悪くなり、血行が悪くなるほど薄毛になりやすいのです。

◆頭皮の血行が悪くなりハゲる過程

  1. 加齢や動かさないことで硬くなる
  2. 頭皮が硬くなる血管が減る
  3. 髪の毛が血液から栄養を受け取れずに弱っていく

頭皮の硬さは生まれ持った性質もありますが、歳を取るごとに硬くなり、動かさないことでさらにひどくなってしまいます。

そうすると少しずつ毛細血管も消えてしまい、血液が流れにくくなることに…。

髪の毛は毛母細胞が血液から栄養を受け取り成長します。

タンパク質・ミネラル・ビタミンなどを受け取り、それを原料・触媒にしてケラチンを合成して伸びていくのです。

つまり頭皮が硬くなり、血液が流れなくなるほど髪の毛が栄養を受け取れなくなるため、どんどん薄くなってしまうというわけですね。

昔は頭皮も柔らかくて動いてたのに、今じゃ見る影もないよ…。今からでもなんとかなるのかな?
マサオ

リョウ
大丈夫!完全には戻らないと思うけど、それでも頭皮によいものを摂る、育毛剤を使う、マッサージする、なんて対策をするだけでも全然変わるよ。

 

薄毛の原因⑫:シャンプーのし過ぎ

薄毛の原因⑫:シャンプーのし過ぎ

男の多すぎる皮脂から頭皮を守るためには、適度なシャンプーが必要です。

ですがシャンプーのし過ぎはかえって逆効果。

◆シャンプーのし過ぎが逆効果な理由

  1. 皮脂は菌やウイルスから守るために必要
  2. 一部常在菌も頭皮には必要
  3. 過剰なシャンプーは必要な皮脂と常在菌まで落とす
  4. かえって菌が増えて頭皮が炎症気味になる

先ほどと少し重なるところがありますが、皮脂は頭皮のために必要なものです。

皮脂だけではなく、頭皮に住み着いている常在菌の一部も、害のある菌が増えないために重要な役割を持っています。

そのため過剰なシャンプーを繰り返していると、無防備な頭皮に菌が繁殖して炎症を起こしてしまうことがあるのです。

体質的にとても皮脂の多い人であれば、朝と夜の2回シャンプーをしても問題はありませんが、大半の人に朝シャンは必要ありません。

朝シャンは面倒だなあって思ってしなかったけど、これは正解だったみたいだね。
マサオ

リョウ
正解だね!朝シャンすると匂いはよくなるからいいんだけど、髪の毛のためにはよくないんだなあ。

 

じつはあまり薄毛に関係しないこと

一般的には薄毛になるとウワサはあっても、じつはあまり薄毛と関係していないこともあります。

それがつぎの2つです。

◆薄毛にあまり関係ないこと

  • オナニーやセックスのし過ぎ
  • ボウズやパーマなどの髪型

どちらもかならずと言ってもいいほどやり玉に挙がりますが、ジヒドロテストステロンは大して増えないし、頭皮にダメージを与えたりもしません。

 

オナニーやセックスをし過ぎると薄毛になる?

オナニーやセックス、つまり射精をし過ぎるとハゲるいう俗説がありますが、じつはあまり関係ありません。

精液に使われる亜鉛の消費がやや問題になりそうですが「そこまで気にしなくてもいい」というのが医師の見解です。

亜鉛が枯渇するほど出すって相当回数をこなさないといけませんから。

 

関連記事ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

 

坊主にしたりパーマをかけると薄毛の原因に?

坊主にしたりパーマをかけると薄毛になる、という噂もよく聞きますね。

ですがこれもほぼ関係ないといい切ってもいいでしょう。

もちろんパーマやヘアカラーで頭皮にダメージを与える場合は、多少の影響があるかもしれません。

ブリーチや白髪染めでは、根本からべったりいく場合があるのでダメージはありそうです。

とはいえ相当な回数を繰り返さない限り、一時的なものなので薄毛につながるほどの影響はないでしょう。

 

関連記事パーマや髪型で薄毛になるの?頭皮にダメージを与える原因をこれだ!!

 

部位別に見る薄毛の原因

部位別に見る薄毛の原因

部位によっても薄毛の原因はちがうこともあります。

◆部位別の薄毛

  • 前頭部と頭頂部 … 男性型脱毛症
  • それ以外 … 男性型脱毛症以外が原因

基本的に男性が悩むことになるのは、大半が男性型脱毛症(AGA)ですが、この薄毛は症状の出る場所がかならず決まっているのです。

その部位以外の薄毛なら、男性型脱毛症とはまったく別の理由があります。

 

前頭部と頭頂部はAGAが原因

おでこ周りの前頭部(M字)とつむじ周りの頭頂部の薄毛は、AGAによるものだと考えてよいでしょう。

つまりここまでで紹介してきたように、ジヒドロテストステロンによる影響を受けていることが原因。

ほかには頭皮の血行が悪くなっていることも原因のひとつです。

どちらにしてもAGAは進行性の薄毛であるため、生活習慣の見直しとセルフケアグッズではやめの対応が必要でしょう。

そのまま放置していても、止まることはなくどんどん薄くなってしまいます。

 

側頭部と後頭部の薄毛はAGA以外が原因

側頭部と後頭部の薄毛は、男性型脱毛症(AGA)以外が原因です。

甲状腺に問題がある場合や、過度のストレスや原因不明の脱毛疾患の前兆である恐れもあります。

放置していると治る例もありますが、それはレアケース。

この場合は自宅でのセルフケアでなんとかなる問題ではないので、早急に皮膚科で診察をしてもらいましょう。

 

関連記事【場所】部位別に見る男性の薄毛の原因とは?

 

その他の薄毛・脱毛症の原因

その他の薄毛・脱毛症の原因

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因は解明されていませんが、この近年では自己免疫疾患である説が有力となっています。

つまり毛母細胞やその組織の周りに対して、免疫機能が異物と誤認して攻撃するために抜けてしまうというもの。

なぜそうなるのかというメカニズムは判明していないのですが、肉体的・精神的なストレスが引き金となりやすいことがわかっています。

あまりにも慢性的なストレスを抱えている場合、本人が自覚していないこともあるので注意が必要です。

 

壮年性脱毛症の原因

壮年性脱毛症は歳を重ねることで薄毛になることを指しますが、かんたんにいうとAGAと同じと分類されています。

  • 壮年性脱毛症 = 男性型脱毛症(AGA)

※女性のFAGA(女性男性型脱毛症)も同じ

つまりジヒドロテストステロンが原因というわけですね。

女性も歳を重ねるごとに、女性ホルモンが減るため、ジヒドロテストステロンの影響を受けて壮年性脱毛症となるケースも。

これを女性男性型脱毛症(FAGA)と呼びますが、男性・女性ともに、歳を重ねると自然と薄くなるものなのですね。

 

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症の原因は、皮膚や毛穴に常在しているマラセチア菌です。

マラセチア菌が皮脂を分解する時に起きる刺激によって、炎症が起きてしまいます。

脂漏性脱毛症で悩む人に共通しているのは、皮脂が分泌量がとても多いこと。

体質的な問題もありますが、食べる物やシャンプーのやり方に問題があるケースも多いです。

放置していると毛母細胞が完全に壊れてしまい、戻らなくなることも考えられるため、早めに病院での治療を受けましょう。

 

ひこう性脱毛症の原因

ひこう性脱毛症の原因ははっきりとわかっていませんが、症状は脂漏性脱毛症とよく似ています。

フケと脱毛が同時に起こることが特徴で、頭皮は赤みを帯びて炎症を起こしている状態。

思春期を超えた男性に起こりやすい病気です。

◆ひこう性脱毛症の悪化

  1. 痒くなり掻く
  2. 掻くと頭皮が傷つく
  3. さらに症状が悪くなる

このような症状を繰り返すため、悪循環に陥ることが問題。

根本的な原因がわかっていないため、即効性のある対症療法はありませんが、まずは病院で診察を受けることを優先しましょう。

 

牽引性脱毛症の原因

牽引性脱毛症は女性に多い脱毛症ですが、髪を結んでいる男性にも起こりことがあります。

原因は髪の毛を結ぶ・留めるなどして、引っ張り続ける機械的な刺激で抜けてしまうことです。

つねに髪の毛をまとめていたり、アレンジを繰り返している場合は注意してください。

症状の初期であれば、髪の毛を引っ張るヘアスタイルをやめるとすぐに治ります。

ですが数年以上その状態を続けていると、周辺の部位が変異してしまい、治らなくなることがあるので注意してください。

 

まとめ

薄毛の原因はたくさんあります。

薄毛の改善には原因やメカニズムを知ることからはじめないと、世の中にあふれる情報に惑わされかねません。

また薄毛を改善するためには、長くケアを続ける固い決意も必要です。

薄毛の原因の分だけ解決方法も無数にあるため悩みますが、原因がわかればしめたもの。

生活習慣や食生活の改善など、できることからスタートし、本格的な改善のためにセルフケアグッズをはじめてみましょう。

 

関連記事薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

 

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

人気のおすすめ育毛剤ランキング2017

育毛を成功させるためには、育毛剤選びが欠かせません。もちろん生活習慣やマッサージ、シャンプーの方法なども影響していますが、育毛剤の毛髪の生え変わりのサイクルを整えてくれる効果は見逃せません。

今回はたくさんの種類のある育毛剤をランキング形式でおすすめの順にご紹介させて頂きます。

【第1位】チャップアップ

今から育毛スタート
プラン セット内容 価格
即定期便 育毛剤(1本)+サプリ 9,090円(送料無料)
超即定期便 育毛剤(2本)+サプリ 13,840円(送料無料)
単品購入 育毛剤 7,400円(送料660円)

チャップアップは育毛剤の中でも、今特に人気で売れている育毛剤です。センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、グリチルリチン酸の効果でしっかり育毛を実感!満足度調査では97%の方が「満足している」と回答し、早ければ2、3ヶ月で産毛が生えるなどの効果を実感しています。効果に自信がある製品で、なんと永久返金保証も可能ですよ。

【第2位】イクオス

無添加育毛剤イクオス
プラン セット内容 価格
定期コース 育毛剤+サプリ 6,980円(送料無料)
定期コース 育毛剤のみ 5,980円(送料無料)
セット購入 育毛剤+サプリ 10,980円(送料630円)
単品購入 育毛剤 8,980円(送料630円)

イクオスの特徴は、脱毛酵素5αリダクターゼをブロックする、5種類の成分がたっぷりと含まれていること。脱毛をブロックすることで、育毛のサイクルを正常化させて育毛効果をはきりと実感できます。利用者の78%が「3ヶ月以内に発毛促進効果を実感した」と答えており、その実力は紛れもない本物です。また、モンドセレクション2016も受賞しその効果が世界に認められました。どの育毛剤を選べばよいか分からないのであれば、イクオスをチョイスしておけば間違いないでしょう。価格も手頃で定期コースでも縛りはなく、そのうえ45日間の返金保証もあり、絶対的に安心でおすすめの育毛剤です。

【第3位】プランテル

プランテル
プラン セット内容 価格
ずっとお得自動お届け 育毛剤(1本)+サプリ  6,980円(送料無料)
単品購入 育毛剤 8,200円(送料640円)

プランテルはM字に特化した育毛剤。これまで特定の場所に特化した育毛剤は存在しなかったため、新しい価値観を提供したはじめての製品だといえるでしょう。前頭部のM字ハゲの原因は、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによるもの。このジヒドロテストステロンを徹底的抑えて育毛効果を高めているのがプランテルというわけです。生え際がとにかく気になっているのなら、ぜひためしてみてください。

-薄毛
-, ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.