育毛剤

後悔する前に!育毛剤選びには有効成分のか確認が欠かせない理由とは

投稿日:

薄毛を治したい!なんとかしたい!

こんな悩みを持っている人が真っ先に考える方法は「育毛剤を使ってみる」ということではないでしょうか。

でも探してみると、育毛剤にもいろいろ種類があって選び方が分からず「とりあえず安くて聞いたことがあるのを選べばいっか…」となるケースはとても多いはずです。

育毛剤は探せば本当に何百種類と売られていますから、その中からあなたに合ったものを選ぶのは至難の業。

ですから育毛剤に入っている有効成分などを知って、あなたの薄毛のタイプに当てはまるものなのかを判断できることが大切です。

この記事ではそんな育毛剤を選ぶために必要な知識を、成分や選ぶポイントをまとめたのでご紹介させていただきます。

 

育毛剤を選ぶ時にはまず有効成分を確認しよう

その育毛剤にどんな効果があるのかは、含まれている有効成分で決まるため事前の確認は必須です。

何に対して効果的なのか、パッケージに親切に書いている育毛剤もあれば、漠然と薄毛の予防・改善に効果があるとしか表記されていないものまで様々なのが実情です。

本当に効果のある育毛剤もあれば、ただの精製水とアルコールにちょっとしたビタミンなどを入れているだけの育毛剤まがいのものもあるのです。

有効成分を自分の目で確認して、どんな薄毛に効果的なのかを判断できることは最低限必要な知識です。

 

有効成分ってなんだろう?

有効成分とはその製品の中でも特にポイントとなる成分のことです。

育毛剤においての有効成分とは薄毛に対して、どうゆうアプローチをして改善するかのキーとなる成分で成分表示とは別に表記していることが多い。

しかし成分の名前だけしか書いてなく、どうゆうアプローチをするかを詳しく表記しているものは少ないため、自分で判断する必要があります。

 

医薬部外品と医薬品の違い

育毛剤はほとんどが化粧品と医薬部外品あたり、ごくわずかな製品が医薬品指定となっています。

  • 化粧品   → 効果も小さいが体への影響もない
  • 医薬部外品 → 薬理作用があるが効果はゆるやかで副作用の心配もほとんどない
  • 医薬品   → 薬理作用がはっきりあるが副作用の恐れもある

化粧品や医薬部外品は作用がやさしく、副作用の心配もあまりないため身近なドラッグストアでも売られています。

効果はゆるやかですが、副作用の心配がほとんどなく、安全で比較的安いものが多いため手軽に試すことができます。

 

医薬品には明らかに効果がありますが副作用の恐れがあり、医薬部外品などとは明確に区別されているものです。

育毛剤の中でも医薬品分類の製品は現在のところ2社のみの販売となっています。

 

化粧品

化粧品分類の育毛剤では、ハッキリと実感できるほど効果を実感することはできないものが多いです。

価格も安く手に入りやすく、副作用の心配もない代わりにどうしてもその効果は物足りなくなってしまいます。

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を 健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらの類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。

ただし、これら の使用目的のほかに、第1項2)又は3)に規定する用途に使用されることも併せて 目的とされている物及び医薬部外品を除く。

すなわち、一般に「化粧品」と呼ばれているものは、次の2種に区分されます。

参考3 2 化粧品は、人体を清潔に保ち保護するという衛生的な目的と、見た目を変えるという 美容的な目的をもっているのに対し、薬用化粧品(医薬部外品)は、穏やかながら人 体に何らかの薬理作用を期待するという目的の違いがあります。

(引用)消費者庁「【参考3】化粧品と医薬部外品の違いについて」より

もちろん評判がよく「これはすごい!」と利用者に人気のある育毛剤もありますが、非常に稀です。

 

医薬部外品

いちばん支持されて人気のある育毛剤が多いのは、医薬部外品に分類されるものです。

チャップアップやBUBKAといった育毛剤がこれに該当します。

血流を改善・血行促進効果や、ジヒドロテストステロンを抑える効果を持たせた物も少なくありません。

次に掲げる物であって人体に対する作用が緩和なものをいう。

1)次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほか に、併せて前項2)又は3)に規定する目的のために使用される物を除く。)で あって機械器具等でないもの

イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止

ロ あせも、ただれ等の防止

ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛

2)人又は動物の保護のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他に類する生物の防 除の目的のために使用されるもの(この使用目的のほかに、併せて前項2)又は 3)に規定する目的のために使用される物を除く。)であって機械器具等でないも の 3)前項2)又は3)に規定する目的のために使用

(引用)消費者庁「【参考3】化粧品と医薬部外品の違いについて」より

まず試してみるならこの医薬部外品の育毛剤をおすすめします。

 

医薬品

医薬品の定義はやや難しいですが、病気の治療に使われる「薬」のことです。

医薬部外品との違いは、明確に効果がある代わりに副作用の恐れもあるということです。

第一号 日本薬局方に収められている物
第二号 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、
機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でないもの(医薬部外品
を除く。)
第三号 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械
器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

(引用)厚生労働省「食品の定義 医薬品の定義」より

化粧品、医薬部外品、医薬品ではそれぞれ意味合いが違い、入っている有効成分も違いがあります。

 

 

 

医薬部外品の育毛剤に使われている有効成分とは?

医薬部外品として扱われている育毛剤に、よく使われている有効成分の効果を紹介させていただきます。

どの医薬部外品の育毛剤も、血流を改善する効果、ジヒドロテストステロンを抑える効果、頭皮の環境を整える効果、この3つの効果を重視しています。

 

①センブリエキスの効果

センブリエキスには頭皮の血流改善や髪の毛の成長を促進し、さらに抗炎症・抗酸化作用が強いため頭皮の環境を正常にしてくれます。

千振という植物から抽出したもので、よくバラエティー番組の罰ゲームに出てくるセンブリ茶は千振を煎じたもの。

育毛剤に入っているセンブリエキスは薄毛の原因の1つである頭皮の血流の悪化を改善し、毛乳頭にも働きかけ毛母細胞の分裂を促進してくれます。

そして頭皮が炎症を起こしていたり、紫外線などでのダメージを受けた場合に回復してくれます。

つむじ付近からはじまる薄毛や、頭皮が日に焼けていたり、炎症を起こして赤くなっている人にオススメです。

 

 ②酢酸トコフェロールの効果

人工的に作られたビタミンEの一種で、強い抗酸化作用と頭皮の血流改善の効果があります。

抗酸化作用により、頭皮の老化や皮脂が酸化脂質になるのを抑制し、頭皮環境を改善する効果があります。

また血管を拡張して頭皮の血流を増進する効果も見逃せません。

30歳代から使えば頭皮の老化の予防に、40〜50代なら老化の抑制に有用です。

 

③クジンエキス(クララエキス)の効果

クジンエキスにも頭皮の血行促進の効果があり、さらに殺菌・抗菌の効果があるため皮脂が多く分泌する人は頭皮環境を正常に保てます。

そして男性ホルモンの抑制作用もあるとされているので、AGAの悩みに効果を発揮しそうです。

頭皮が脂っぽい(脂性肌)の人や、前頭部の薄毛が気になっている人には特に効果的でしょう。

 

④グリチルリチン酸二カリウムの効果

抗炎症・抗アレルギーと高い殺菌作用があり、頭皮環境の悪化を予防・改善する効果が。

血流改善の効果もあるので髪の毛の成長を助けてくれます。

グリチルリチン酸二カリウムは、その名前の通りカリウムも含まれており、細胞分裂を促進させる効果があるとされています。

つまり毛母細胞の細胞分裂にもよい影響があるということですね!

 

⑤ジフェンヒドラミンHCの効果

多くの育毛剤に配合されている抗炎症・抗アレルギーの作用があり、紫外線などの外部からのダメージの修復に効果が期待されます。

外で働いている人、敏感肌で頭皮が荒れている人にはよい成分でしょう。

 

 

医薬品指定の育毛剤に含まれている有効成分とは?

育毛剤で医薬品指定されているものは、少なく値段が高いものが多くなりますが、その分効果が高く育毛に適しています。

少し費用はかさみますが、絶対に育毛を成功させたいと考えている方におすすめです。

 

ミノキシジル

ミノキシジルは血管を拡張して血流を改善することと、さらに髪の毛の成長を助ける作用もあるため、AGAの治療薬として使われています。

医薬品として分類されているのは、やはり効果がとても高いから。

日本では濃度が13%まで扱ってよいとされていますが、OTC医薬品(一般用医薬品)として認可を受けるため、ドラックストアでは5%のものまでにとどまっています。

それ以上の濃度は医師のいる病院・クリニックで処方してもらいます。

OTC医薬品とはオーバーザカウンター、つまりドラッグストアのカウンター越しに買える医薬品ということ。

医師の処方箋なしで買える便利な医薬品。

 

 

育毛剤を適当に選んではいけない理由

育毛剤は数多くあるため、成分をまったく見ずに適当に選んでしまう人もいます。

ですが適当に選んでしまうと効果があまり出ないことも。

薄毛の改善には時間がかかり、個人差がありますが軽微な改善でも、ヘアサイクルの関係で早くて3か月、通常で6ヶ月かかるとされています。

そして大体の育毛剤は1本で45日(1か月半)ほどでなくなるため、2〜4本は必要になる計算です。

効果がない、もしくは低いものを何本も買わないといけないのは、損をしてしまうことになりますよね。

育毛剤は安いものでも4000円はしますから、どれだけ安い粗悪なものでも8000〜16000円はかかる計算です。

損したくない人は育毛剤を適当に選ばずに、きっちりと成分を調べて購入しましょう。

 

育毛剤選びのポイントは自分に合ったものを選ぶこと

育毛剤は有効成分をあなたの薄毛の原因や体質に合わせて選ぶことが重要ですし、使いやすさや使用感も大事です。

有効成分のところでも紹介した通り、育毛剤は薄毛や年齢、頭皮の肌質などを考慮する必要があります。

成分の他にも、育毛剤は「毎日適量をつける」ことが何より大切ですから、軽量が容易といった機能性も使いやすさのひとつに含まれます。

そして継続して使わないといけないため、ニオイやベタつきなども、考慮するとさらによいかもしれないですね!

 

成分表示の順番も注目すべし!

あまり知られてはいませんが、成分表示は多いもの順に書かれているので、有効成分が先に書かれているものほどよいでしょう。

基本的に副作用の心配を除けば、単純に有効成分は濃い方が効き目が高いと考えることができます。

とくに医薬部外品なら副作用の心配は少ないので、有効成分が多いに越したことはありません。

有効成分に良いものが使われていたとしても、含有量が少なすぎてはちょっと頼りないかもしれません。

表示成分が前に書かれているものほど、いい育毛剤を選ぶポイントになるでしょう。

とはいえ、有効成分がどれだけの量を使われているかはハッキリとわかりませんから、目安程度に考えてください。

 

 

育毛剤の有効成分まとめ

 

育毛剤はあまりにもたくさんの種類があります。

それだけ素晴らしい育毛剤もあれば、価格に見合わない粗悪品もある玉石混交なのです。

ですからあなたが失敗しないため、育毛を成功させるためには、ある程度は成分について勉強して知識を付けることです。

そんなに難しくはありませんから、ご紹介した成分をメモしてから検討するときっと失敗しませんよ。

ぜひこの記事を役立ててください。

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

人気のおすすめ育毛剤ランキング2017

育毛を成功させるためには、育毛剤選びが欠かせません。もちろん生活習慣やマッサージ、シャンプーの方法なども影響していますが、育毛剤の毛髪の生え変わりのサイクルを整えてくれる効果は見逃せません。

今回はたくさんの種類のある育毛剤をランキング形式でおすすめの順にご紹介させて頂きます。

【第1位】チャップアップ

今から育毛スタート
プラン セット内容 価格
即定期便 育毛剤(1本)+サプリ 9,090円(送料無料)
超即定期便 育毛剤(2本)+サプリ 13,840円(送料無料)
単品購入 育毛剤 7,400円(送料660円)

チャップアップは育毛剤の中でも、今特に人気で売れている育毛剤です。センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、グリチルリチン酸の効果でしっかり育毛を実感!満足度調査では97%の方が「満足している」と回答し、早ければ2、3ヶ月で産毛が生えるなどの効果を実感しています。効果に自信がある製品で、なんと永久返金保証も可能ですよ。

【第2位】イクオス

無添加育毛剤イクオス
プラン セット内容 価格
定期コース 育毛剤+サプリ 6,980円(送料無料)
定期コース 育毛剤のみ 5,980円(送料無料)
セット購入 育毛剤+サプリ 10,980円(送料630円)
単品購入 育毛剤 8,980円(送料630円)

イクオスの特徴は、脱毛酵素5αリダクターゼをブロックする、5種類の成分がたっぷりと含まれていること。脱毛をブロックすることで、育毛のサイクルを正常化させて育毛効果をはきりと実感できます。利用者の78%が「3ヶ月以内に発毛促進効果を実感した」と答えており、その実力は紛れもない本物です。また、モンドセレクション2016も受賞しその効果が世界に認められました。どの育毛剤を選べばよいか分からないのであれば、イクオスをチョイスしておけば間違いないでしょう。価格も手頃で定期コースでも縛りはなく、そのうえ45日間の返金保証もあり、絶対的に安心でおすすめの育毛剤です。

【第3位】プランテル

プランテル
プラン セット内容 価格
ずっとお得自動お届け 育毛剤(1本)+サプリ  6,980円(送料無料)
単品購入 育毛剤 8,200円(送料640円)

プランテルはM字に特化した育毛剤。これまで特定の場所に特化した育毛剤は存在しなかったため、新しい価値観を提供したはじめての製品だといえるでしょう。前頭部のM字ハゲの原因は、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによるもの。このジヒドロテストステロンを徹底的抑えて育毛効果を高めているのがプランテルというわけです。生え際がとにかく気になっているのなら、ぜひためしてみてください。

-育毛剤
-, ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.