育毛剤

最低限ここだけ見とけ!育毛剤で本当に効果のある5つの成分はコレ!

更新日:

「結局育毛剤ってどれも一緒なんでしょ?」

こんな声も聞こえてきそうですがそんなことはありません。

僕も育毛剤をこれまで何本も使ってきましたが、メーカーや種類によって感触がまったく違うのは確か。

いろんな理由がありますが、やっぱりその一番の要因は「成分」です。

つまり成分に注目すれば、ある程度その製品がよいものなのかどうかがわかるってことなんですね!

 

育毛剤はどれも一緒じゃあない

育毛剤はパッと見だとどれも「血行を良くする」「皮脂を抑える」といったことばかりが謳われてますし、どれも一緒に見えてきます。

ですが入っている成分によって、その効果はまったく違いますから決して一緒ではないんですよね。

たとえば成分によって効果がハッキリと宣伝できる「医薬部外品」になるのか、効果が弱いものの多い「化粧品」扱いにわかれます。

まだまだ少ないですが、発毛効果のある「医薬品」として認可された育毛剤も見られるように。

こんな風に育毛剤を成分でかんたんに分けただけでも、化粧品、医薬部外品、医薬品の3つにもなるため物によって全然違うことがわかります。

 

育毛剤の成分は最低でも5つの成分に注目しよう

育毛剤の成分は最低でも5つの成分に注目しよう

それではさっそく育毛剤に使われている中でも、代表的な5の成分をご紹介しておきましょう!

ご紹介する成分のうち、最低でも1つ以上が使われている育毛剤を選びたいところです。

 

オウゴンエキス

オウゴンエキスには悪玉の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果があります。

コガネバナと呼ばれる植物の根っこであるオウゴンから抽出したものなので、オウゴンエキスと名がついています。

フラボノイドなどの作用で5αリダクターゼの作用を阻害して、ジヒドロテストステロンを作らせません。

AGAの予防・改善には、DHTを増やさないことが何よりも大切です。

 

ヒオウギエキス

ヒオウギエキスもDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果があります。

ヒオウギと呼ばれる花の根から抽出されたものがヒオウギエキスです。

イソフラボンなど力で髪の毛の成長とヘアサイクルの正常化を助けるほか、5αリダクターゼの作用を阻害してDHTを抑制します。

オウゴンエキスと並んで悪玉男性ホルモンを抑制するために、とても重要な役割を持っている成分です。

 

センブリエキス

センブリエキスには血行を促進する効果があり、頭皮の血流をよくすることで毛母細胞に栄養を届け、さらに抗酸化作用もあります。

名前の通りセンブリ(千振)と呼ばれる植物から抽出され、日本では古来より漢方薬として様々なことに利用されてきた成分です。

頭皮の血流をよくすることは、男性ホルモンを抑えることに続いて大切な効果なんですね。

 

グリチルリチン酸二カリウム

グリチルリチン酸二カリウムは抗炎症作用があり、アレルギーの予防・消炎作用で毛母細胞を活性化させます。

甘草と呼ばれる植物から抽出され、スキンケア商品などでは幅広く利用されている重要な成分です。

どれだけよい育毛剤を使っていても、炎症を起こしてしまえば頭皮の環境は悪くなるばかり。

炎症やアレルギーを抑えることは髪の毛が育つ土壌づくりのためには大切なことです。

 

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスは頭皮の保湿と血流改善の効果があります。

その効果の秘密はフラボノイドとギンコライドで、この2つの成分の力で頭皮環境を整えながら血流をよくし、毛母細胞を活性化させるのです。

イチョウ葉エキスは縁の下の力持ちといったところで、地味ですが非常に重要な効果を持っています。

 

効果別に成分を分類してみる

効果別に成分を分類してみる

それではここからは効果別に成分をご紹介します。

先ほどご紹介した5つの成分に加えて、これからご紹介する成分が入っていればさらによし!

育毛剤を買う前に、または今お使いの育毛剤の成分表を見ながらチェックしてみてくださいね!

 

【重要】悪玉男性ホルモンを抑制する成分

男性型脱毛症(AGA)の原因は悪玉の男性ホルモンのジヒドロテストステロンです。

つまりハゲや薄毛を治したい、改善したいと思ったのならジヒドロテストステロンを抑えることが何よりも大切だということ。

そしてジヒドロテストステロンが発生する要因は、脱毛酵素とも呼ばれる5αリダクターゼが深く関わっていて、この酵素を妨害する効果のある成分はとても重要です。

 

フィナステリド

フィナステリドは医薬品に分類される、とても強力な飲む育毛剤「プロペシア」に使われる成分です。

医学的にもはっきりと発毛作用が認められている成分なのですが、医師に診察を受けた上で処方してもらわなければなりません。

またAGAは命に関わるような重篤な疾病とはならないため、保険が適用されずに費用がかなり高くなるところがデメリットです。

ですがその効果は絶大!

半年から1年服用し続ければ58%、2年で68%、3年で80%が発毛するデータが得られています。

これは「実感」や「変化を感じた」などといったものではなく、臨床データで「生えてきた」結果です。

 

キャピキシル

キャピキシルはアセチルテトラペプチド3とアカツメクサエキスをあわせた成分で、男性ホルモンを抑える効果があります。

数多くの育毛剤に使われていて、医薬品ではないため刺激が弱く副作用もないことが強み。

抜け毛を予防してヘアサイクルの正常化を助けます。

 

亜鉛

亜鉛には5αリダクターゼを抑制する効果と細胞分裂を促進する効果があります。

育毛ミネラルとも呼ばれていて、髪の毛の成長には欠かせない成分が亜鉛なのです。

亜鉛は育毛剤というよりもサプリで摂ることが一般的かもしれません。

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシにも5αリダクターゼを抑制する効果が認められています。

もともとは前立腺肥大の治療を目的として研究されていたのですが 、フィナステリドに似た育毛作用があることが判明。

医薬品とは違ってノコギリヤシから抽出したエキスなので、副作用の心配がまずないことがメリットです。

 

血行促進作用のある成分

髪の毛の根本には毛母細胞があります。

この毛母細胞が血液から栄養を受け取ることで髪の毛は成長するのですが、血行が悪ければもちろん成長できません。

育毛剤にも血行を促進する成分が含まれているものを選ぶことは大切です。

 

ミノキシジル

ミノキシジルは医薬品に分類され、医学的にも発毛効果が認められている成分です。

日本では大正製薬のリアップシリーズとスカルプDシリーズのみに配合されている成分。

明確な血管拡張効果で毛乳頭をしっかりと刺激してくれます。

ただし日本で売られているミノキシジル育毛剤は、濃度がやや薄く効果にはかなりの個人差もあるのが事実です。

また一部ではありますが、数%程度の確率で性欲減退や鬱になる臨床データも出ています。

まず心配はないですが念のため。

 

M-034

M-034とはコンブのヌルヌルした部分から抽出した成分で、ミノキシジルと似た育毛効果があると分かっています。

血行を促進する効果や5αリダクターゼの抑制、炎症を抑える効果まで持ち合わせているのがすごいところ。

チャップアップやブブカ(BUBKA)で使われている成分で、副作用もなく利用制限もありません。

 

ピディオキシジル

ピディオキシジルはミノキシジルとほとんど同じ分子構造をしていて、似たような効果があると言われている成分です。

特別な臨床データはまだないようですが、似た構造の成分なら効果も似ていることには違いないでしょう。

フィンジアなどに使われいる成分です。

 

セファランチン

セファランチンは医薬部外品指定の血管拡張作用のある成分。

血管拡張のほかにアレルギー抑制効果も認められ、円形脱毛症などの治療にも使われ、内服薬や注射剤としても使われています。

育毛剤にはプランテルなどに配合されています。

 

塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムは医薬品に分類されている成分で、血管拡張作用があります。

フロジン外用液として第一三共ヘルスケアのカロヤンシリーズに使われていますが、日本皮膚学会ではC1評価で根拠に乏しいとされているとか。

ですが一定の効果は望めるでしょう。

 

毛母細胞を活性化させる成分

毛母細胞の活性化に役立つ成分をご紹介します。

髪の毛の素である毛母細胞を活性化させて、ヘアサイクルを正常に保ち抜け毛を予防します。

  • ペンタデカン酸グリセリド
  • ビオチン
  • バイオポリリン酸
  • ローヤルゼリーエキス
  • グリチルリチン酸二カリウム
  • トコフェロール酢酸エステル
  • エチニルエストラジオール

 

保湿作用のある成分

保湿作用の効果がある成分です。

頭皮を保湿して髪の毛が正常に育つ土壌づくりを手伝う役割があります。

  • ヒアルロン酸
  • アロエエキス
  • ピロリドンカルボン酸ナトリウム
  • サンザシエキス

 

皮脂を抑制する成分

皮脂を抑制する成分は大切。

頭皮に過剰な皮脂が残ると酸化してしまい、頭皮の炎症を引き起こします。

こんな症状を予防するために皮脂の抑制は大切なのです。

  • ドクダミエキス
  • シャクヤクエキス
  • オドリコソウエキス

 

育毛剤で効果のある成分まとめ

育毛剤はどれも一緒ではありません。

それぞれメーカーや商品によっても成分が違い、成分が違えば効果もまったく違うものになるのです。

はじめにご紹介した5つの成分を中心に、あなたに合った成分が配合された育毛剤を選ぶと失敗することはなくなるはずです。

育毛剤選びの参考にしてみてくださいね。

育毛剤を詳しく知る

ステップ①:育毛剤の総まとめで概要を知る!

ステップ②:育毛剤の成分を知る←今この記事です

ステップ③:育毛剤の効果を知る

ステップ④:育毛剤の使い方を知る

ステップ⑤:育毛剤の選び方と比較

人気の育毛剤ランキング

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

-育毛剤
-, ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.