育毛剤

【総まとめ】コレを読めば育毛剤の効果から選び方まで全部分かります!

投稿日:

「うわ!髪の毛がどんどん薄くなってない?どうしよ…。」

もしある朝に鏡を見て、こんな風に思ったのなら育毛剤をはじめる時期がきたのかもしれません。

ここで見て見ぬふりをしちゃダメですよ!

今ある髪の毛を維持するのと、失ってしまった髪の毛を元に戻す場合であれば、前者のほうがずっとかんたん。

そして髪の毛を維持して、増やしていくために一番手軽で効果が高いのが育毛剤なんです。

僕自身もM字型の薄毛でとても悩んだのですが、地道に育毛剤でケアをして克服できました。

昔よりもずっと効果の高い育毛剤が、誰にでもかんたんに手に入るいい世の中ですね。

 

育毛剤とは

育毛剤とは名前の通り「髪の毛を育てるための薬」です。

特定の成分が抜け毛や炎症を予防し、髪の毛の成長を促してくれます。

ドラッグストアに行くと、ヘアトニックや養毛剤も同じ場所に売られていて混乱しますが、実は育毛剤との明確な違いはありません。

人によっては「育毛剤には髪を成長させる成分が入っているが、ヘアトニックや養毛剤は抜け毛の予防にしか効果がない」と考えている人もいるのですが、一概にそうでもないのがややこしいところ。

ですが大半はヘアトニックや養毛剤よりも、育毛剤の方が成分的に優れていることが多いのは事実です。

本気で自分の髪の毛をもとに戻したいのであれば、育毛剤と書かれているものを選びましょう。

 

育毛剤の成分を知る

育毛剤の成分を知る

育毛剤を選ぶ時に一番大切なのが成分をよくチェックすることです。

なぜなら本当によい育毛剤なら成分にはとことんこだわっているからです。

髪の毛を正しく成長させるために必要なのは、メーカーの思いでも認知度でもなく成長させるための成分。

育毛剤を選ぶのであれば、最低限でよいので育毛剤に含まれる成分を知っておきましょう。

 

悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する成分

悪玉男性ホルモンとはジヒドロテストステロン(DHT)のこと。

育毛剤の中で、もっとも重要なのがジヒドロテストステロンを抑える成分が入っているかどうかです。

5αリダクターゼと呼ばれる酵素を作用しにくくすることで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制してくれます。

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • キャピキシル
  • M-034
  • アルガス2
  • 亜鉛
  • ノコギリヤシエキス
  • フィナステリド(医薬品)

育毛剤の成分をチェックする時には、まずオウゴンエキスかヒオウギエキスが入っているかを見てください。

 

頭皮の血行を促進する成分

髪の毛が成長するためには、血液から毛母細胞が栄養を受け取る必要があります。

つまり頭皮の血行が悪ければ、それだけ毛母細胞に栄養が行き渡らず成長に悪影響があるということ。

頭皮の血行を促進してくれる成分はとても大切です。

  • センブリエキス
  • セファランチン
  • M-034
  • アルガス2
  • ピディオキシジル
  • 塩化カルプロニウム
  • ミノキシジル(医薬品)

この中の成分が入っているものを選ぶとよいでしょう。

 

毛母細胞を活性化する成分

血行の促進とやや重複はしますが、間接的に毛母細胞を活性化する成分も注目されています。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸二カリウム
  • ビオチン
  • ペンタデカン酸グリセリド
  • M-034
  • バイオポリリン酸
  • トコフェロール酢酸エステル
  • エチニルエストラジオール
  • ローヤルゼリーエキス

このほかにも頭皮の保湿や炎症を抑える成分も見ておくとよいでしょう。

頭皮の環境を整えることは、農業で例えるのならよい土壌を育てること。

よい土壌がなければよい作物が収穫できないように、頭皮の環境が整わなければ髪の毛も正常に育ちません。

 

関連記事最低限ここだけ見とけ!育毛剤で本当に効果のある5つの成分はコレ!

 

育毛剤の効果を知る

育毛剤の効果を知る

育毛剤の成分がわかったところで、かんたんに育毛剤の効果をご紹介します。

効果といっても成分とイコールの部分でもありますから、補足程度に説明しますね。

 

正常なヘアサイクルに戻す

育毛剤のひとつめの効果が正常なヘアサイクルに戻すこと。

僕たちが悩む薄毛はほとんどすべてが男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるものです。

男性型というくらいなのですぐにわかると思いますが、M字ハゲやてっぺんハゲのことですね。

このAGAに深く関わっているのが、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)。

  • ジヒドロテストステロン … 強力な脱毛作用を持つ男性ホルモン
  • テストステロン … 男らしさを作るホルモンで抜け毛への影響はない

ジヒドロテストステロンが増えると、正常なヘアサイクルよりも短い期間で髪の毛が抜け落ち、少しずつ細く弱々しくなり、いずれは生えてこなくなります。

そして正常なヘアサイクルに戻すということは、ジヒドロテストステロンの量を減らすことにほかなりません。

正確にはジヒドロテストステロンを作る、5αリダクターゼと呼ばれる酵素をブロックしてジヒドロテストステロンを減らします。

また育毛剤の働きも重要ですが、合わせてジヒドロテストステロンを作る元凶である、生活習慣を正すことも重要です。

 

髪の毛を健やかに育てる

育毛剤のもう一つの役割が髪の毛を健やかに育てることです。

  • 頭皮の血行を促進すること
  • 頭皮を保湿すること
  • 頭皮の炎症を抑えること

育毛剤を使うと、この3つの効果で正しく元気に髪の毛が育てられます。

頭皮の血行が悪いと毛母細胞に栄養が行き渡りませんし、頭皮が乾いたり炎症を起こしていると毛母細胞も荒れるのは当たり前。

荒れ果てた頭皮から健やかな髪が育たないことを想像するのはかんたんですよね。

もちろん食生活を改めたり、適度な洗浄力のシャンプーでていねいに洗うことも必要です。

 

関連記事【重要】正しく髪の毛を育てるために育毛剤の効果とその役割を知ろう

 

育毛剤の使い方を知る

どれだけよい育毛剤が手に入ったとしても、正しい使い方でなければ意味がありません。

評判のよいメーカーの育毛剤でも、効果がなかったという人の大半は途中で使用を中断していたり、自己流の塗り方をしていたりと効果がなくても仕方のない使い方なのだそうです。

メーカーが推奨している基本の使い方に、ちょっとだけ+αの手間をかけるだけでグンと効果が上がります。

 

最低半年は継続して毎日使う

何よりも大切なのが継続した利用です。

髪の毛が生えはじめて抜けるまでのサイクルを考えると、育毛剤の効果は半年経ってようやくわかもの。

たった1〜2ヶ月くらいで、効いてるかわからないと諦めてしまっては意味がありません。

また毎日使うことが重要なポイント!

継続しているからとはいえ、1日置きではほとんど効果がありません。

半年間は毎日続けた人だけが育毛に成功するのです。

 

基本はお風呂やシャワーの後に使う

続けること以外にも、できることなら決まった時間とタイミングで使うことも大切です。

とくにオススメなのはお風呂やシャワーの後に使うこと。

お風呂やシャワーのあとは毛穴が開いているため、頭皮や毛穴の奥まで浸透しやすいのです。

また決まった時間に続けることは習慣になりやすく、そうなれば顔を洗うことや歯を磨くことと同じで面倒に感じることもなくなります。

決まったタイミングで続けて習慣にすることが育毛剤の上手な使い方です。

 

髪の毛を乾かしてから使う

お風呂やシャワーのあとは当然髪が濡れていますが、そのまま育毛剤を塗ってしまうと水分で薄まってしまうため効果は激減。

せっかくの育毛剤をムダにしないように、ドライヤーでサッと乾かしてから使いましょう。

乾かすといっても乾かし過ぎは頭皮を傷めるので、ごくわずかに湿っているくらいでOKです。

パッサパサになっては髪も傷みますしね。

 

関連記事塗り方間違ってない?育毛剤の使い方で大切な5つのポイント

 

育毛剤の選び方を知る

育毛剤の選び方を知る

育毛剤の使い方までざっくりとわかったら、最後は育毛剤の選び方を知りましょう。

効果や使い方などの知識はどれも大事なのですが、やっぱり育毛剤選びは本当に重要。

どれだけていねいな使い方を意識しても、育毛剤そのものがよくないものだと効果は見込めません。

 

その育毛剤は医薬部外品?化粧品?

育毛剤を手に取って最初に見てほしいのは、医薬部外品か化粧品のどちらなのかです。

同じ育毛剤でも医薬部外品に分類されるものは薬に準じたもので、特定の成分が入っているため効果をハッキリと宣伝できます。

対して化粧品に分類されていれば、効果はより緩慢で物足りない場合が多いです。

もちろん化粧品分類のものにも素晴らしい育毛剤はありますが、失敗しないためには医薬部外品の方がオススメです。

 

入っている成分に注目する

続いて成分に注目してみましょう。

先ほどご紹介した成分を参考に、悪玉男性ホルモンを抑える成分が入っているかを見てください。

ほかにもよさそうな成分が入っているかをチェックしてみましょう。

またパッケージにも注目してみると、その育毛剤がウリにしている効果がわかります。

「男性ホルモンを抑制!」のような宣伝が入っていれば育毛効果に信頼できる可能性が高いです。

 

価格に注目する

よさそうな育毛剤だと感じたら、値段も合わせてチェックしてみましょう。

最低でも6ヶ月続けるとして、あまりにも高すぎるのであれば別の育毛剤もチェックした方がいいと思います。

反対に極端に安すぎる場合も何か疑った方がいいかもしれませんね。

 

市販されている育毛剤を比較してみよう!

成分も価格もちょうどよさそうな育毛剤を見つけても、すぐに即決はせずに比較してみることも大切!

本当にあなたに合った育毛剤を見つけるために欠かせないのが比較です。

よさそうな育毛剤を見つけて比較すると、どれが自分に合っているかが客観的にわかるはずです。

もっと手間をかけずに比較するのなら、僕が育毛剤を8種類も比較した記事を参考にしてみてください!

じっくり時間をかけて調べたので、よいものばかりを集めた自信がありますよ。

 

関連記事失敗しない選び方!8種類を比較して分かった最高の育毛剤はコレ!

 

育毛剤まとめ

育毛剤は薄毛を治すためにとても効果的な手段です。

これまでにもたくさんの人が育毛剤で薄毛を克服していることからも、信憑性は信頼できます。

それに僕自身が育毛剤でM字ハゲの克服に成功していますしね。

ですが適切な育毛剤の成分や効果、使い方などを知らなければお金と時間をムダにしてしまうことにも繋がりかねません。

また信頼できる育毛剤を選ぶことはもっと大切。

ここまでご紹介した知識をうまく活用して、あなたの薄毛の悩みが解決されることを願っています。

 

育毛剤を詳しく知る

ステップ①:育毛剤の総まとめで概要を知る!←今この記事です

ステップ②:育毛剤の成分を知る

ステップ③:育毛剤の効果を知る

ステップ④:育毛剤の使い方を知る

ステップ⑤:育毛剤の選び方と比較

人気の育毛剤ランキング

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

-育毛剤
-, , ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.