育毛剤

育毛剤の効果とその役割とは?種類別のくわしい効果も完全解説

更新日:

通販や薬局、ドラッグストアで大量に売っている育毛剤。

「育毛剤って結局のところ本当に髪が生えてくるの?」

「育毛剤ってどんな効果があるの?いくつか種類もあるみたいだけど、何がどう違うんだろう」

分類も多くあってわかりづらい育毛剤に、こんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

僕も前頭部の薄毛が気になり始めて、最初に試した改善方法が育毛剤でしたが、かなり改善されたので満足しています。

ですが育毛剤は発毛剤とは違い、直接的に髪の毛を生やすというよりも間接的なサポートが主な効果。

この記事ではそんな育毛剤の効果について詳しくご紹介します。

昔に比べて質のいい育毛剤を誰にも知られずに、すぐ手に入るようになったのは、薄毛に悩む人にとって本当にいい世の中になりましたよね。

そうなんだよね。ネットで調べてみても、ドラッグストアで眺めてみても、種類も多くて少しずつ違うみたいでよくわからないんだよね。成分についても曖昧で、いまいち効果や選び方がわからないよ。
タカシ
リョウ
うんうん。わかるよ。メーカーも薬機法の影響なんかで、くわしく効果なんかを書きづらいんだよね。だから今回は噛み砕いて育毛剤の効果について話してみたいと思うよ。

 

育毛剤の効果とは

育毛剤とはその名前の通り髪を育てる効果がある薬剤のことで、髪の毛の成長を促進し、抜け毛の予防を目的としたもの。

つまり生えてくるというよりも頭皮の環境を整え、髪の毛の成長を間接的に元に戻すサポートしてくれるのです。

ちなみに育毛剤の効果をもう少し細かく分けると次のように分けられます。

◆育毛剤はこんな効果の組み合わせ

  • 悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の抑制効果
  • 血行促進効果
  • 毛母活性効果
  • 皮脂分泌抑制効果
  • 頭皮保湿効果

こんな効果の組み合わせで育毛剤の特徴が決まります。

ちょっとわかりにくいですが、要約すると「抜け毛予防・育毛促進・発毛促進」この3つが育毛の効果・役割です。

販売されている育毛剤のパッケージを見ていくと、多くの製品がこんなキャッチコピーで販売しているのを目にします。

「男性ホルモンを抑えて抜け毛を予防!」

「血行を促進して髪の毛の成長を促進!」

つまりこんなコピーで売られている製品は、育毛に効果的な成分が使われていると思っていいでしょう。

へえ。育毛剤ってこんな効果があったんだね。今まで正直なんとなくでしか選んでなかったけど、ちゃんとその育毛剤が持っている効果を知っとかないともったいないことになっちゃいそうだね。
タカシ
リョウ
そうなんだよ。AGAによる薄毛の場合がほとんどだと思うけど、人によっても薄くなる原因はそれぞれ違うから、ちゃんと効果を知って選ばないと意味がなかったりするんだ。
オススメ記事
【徹底比較】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

ちょっと育毛剤を使ってみようかなと調べてみると、あまりにもたくさんの種類が出てきて迷ってしまったことはありませんか? 「どの育毛剤を選んだらいいんだよ…。」 きっと誰もが育毛剤の選び方が分からずに、結 ...

続きを見る

 

育毛剤の化粧品・医薬部外品・医薬品って何が違う?

育毛剤は次の3つのタイプに分かれています。

◆育毛剤と呼ばれる製品はこの3つにわけられる

  • 化粧品
  • 医薬部外品
  • 医薬品

かんたんにいうと上になるほど効果は弱いですが、副作用もなく安心です。

下に行くほど効果も強くなりますが、副作用のリスクも高くなります。

育毛剤に関してはほとんどが医薬部外品で、僕が使っているものやオススメのものも医薬部外品。

これだけではわかりにくいので、それぞれの特徴を見てみましょう。

 

化粧品分類の育毛剤の定義と効果

化粧品に分類される育毛剤は「髪の毛と頭皮を健やかに保つ目的」の製品に分類されます。

【薬機法2条3項】
この法律で「化粧品」とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。

(出典:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)

医薬品や医薬部外品と比べると効果はかなりゆるやかなのが特徴。

指定される成分を含んでいない物はすべて化粧品扱いですが、逆に言えば育毛に効果があっても法に縛られない成分であればどれだけでも配合できます。

つまり配合されている成分によっては、化粧品でも強力な育毛剤が隠れている場合も。

化粧品分類の場合は副作用がないことも強みのひとつでもあります。

とはいえ、そもそも認められている育毛成分が規定量使われていないため、育毛効果自体を訴求することはできません。

つまり化粧品に分類されているものは、本来の意味での育毛剤の効果は期待できません。

また育毛剤と思いきや、パッケージをよく見ると「スカルプローション」などと記載され、育毛剤ではないことがわかります。

判断はむずかしいですが、口コミでよほど評判のものでない限りは、タッチしない方がいいでしょう。

 

医薬部外品の育毛剤の定義と効果

医薬部外品の育毛剤とは、厚生労働省が定める特定の育毛成分が入っているものです。

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であって人体に対する作用が緩和なものをいう。 一 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は 第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であって機械器具等でないもの

イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止

ロ あせも、ただれ等の防止

ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛

(出典:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)

法律上の定義でも「脱毛の防止、育毛」とあるように、男性ホルモンを抑制することで脱毛を予防し、髪の毛を育てるための効果があるものとなっています。

つまり医薬品に準じて、育毛効果のある製品にはなりますが、医薬品よりも効果はやや緩慢で副作用のリスクも弱いものです。

「医薬部外品」や「薬用」と書かれている育毛剤が医薬部外品ですから、かならずウェブサイトやパッケージを見てから購入することをオススメします。

医薬部外品や薬用の育毛剤であれば、パッケージにも育毛効果を堂々を記載できるので、すぐにわかりますよ。

ほとんどの場合、化粧品分類よりも医薬部外品指定の育毛剤の方が実際に効果があります。

以上のような理由から、育毛剤を効果で選ぶなら、第一選択肢は医薬部外品にしましょう。

うわ!僕、正直なところ、化粧品と医薬部外品の違いもわかってなかったや!さっき使ってた育毛剤見たら、化粧品表記でちょっとがっかりしちゃった…。よく考えたら一文字も育毛や発毛促進なんてことが書かれてないもんね。なんだかやられた感がすごい!
タカシ
リョウ
化粧品分類の育毛剤メーカーも、かなりがんばって打ち出し方を考えてるからね。広告がすごく上手だと思うよ(笑)
でもやっぱり男の薄毛をなんとかしようと思ったら、医薬部外品の育毛剤だと思う。

 

医薬品の育毛剤(発毛剤)の定義と効果

医薬品に分類されている育毛剤は、医学的にもハッキリと育毛・発毛効果の認められているものです。

日本では主に次の2つの成分が育毛に関する医薬品指定をされています。

◆医薬品指定の発毛成分

  • フィナステリド※ … 5αリダクターゼを阻害しDHTの生成を抑制する
  • ミノキシジル … 血行促進と抜け毛予防で発毛を促進する

※製品名:プロペシア、ザガーロ、フィンペシアなど

どちらも臨床データで結果が出ているように効果は非常に高いのですが、かんたんには手に入らず、価格がどうしても高くなってしまうことが問題です。

フィナステリドは医師の診察を受けた上で処方してもらわなければならず、保険も適用できないためハードルが高いのがツライところ。

ミノキシジルはドラッグストアで、リアップなど一部の製品が処方箋なしで手に入りますが、濃度が抑えられているため本来の効果が得られません。

とはいえ完全に地肌が透けるほど薄毛が進行している場合や、育毛剤ではどうやっても克服が難しそうであれば、医薬品に分類される発毛剤を使う必要があります。

リョウ
医薬品分類の育毛剤(発毛剤)は、本当の意味で究極だと思う。かなりの確率で生えてくるしね。だけどその分リスクとお金が高くなるのがネックなところ。保険が効くなら僕も100%医薬品推しなんだけどね。総合的に考えると医薬部外品の次に勧める感じかな。

 

 

効果があってリスクの少ない医薬部外品を選ぼう

育毛剤はご紹介の通り3つのタイプに分かれますが、基本的には医薬部外品のものを選ぶと効果とコスパの意味でもオススメです。

実際に販売されている育毛剤のほとんどは医薬部外品。

医薬品指定を取らないのは、メーカーがそこまで力を入れなくても効果があると考えているから、と捉えることもできます。

抜け毛が気になっていたり、前髪が少しずつ後退している、頭頂部がやや薄くなりつつある、といった初期から中期の薄毛に関しては、医薬部外品の育毛剤一択です。

少なくとも化粧品分類のものはパスで、医薬品の発毛剤に関しては要検討といったところでしょうか。

病院に行くのは手間だし、最初はどうしても抵抗があるし、何よりお金がかかるのがつらいところですよね。

そうすると育毛剤は効果もあって手頃な医薬部外品のものを選ぶのが一番でしょう。

とりあえず分類はよくわかったよ。これからはちゃんと見てから選ばないとね。今の僕に必要なのは、医薬部外品の育毛剤だってことがわかったよ。ありがとう。
タカシ
リョウ
いえいえ。だけど医薬部外品かどうかの表記だけじゃなくて、ちゃんと効果の根拠になる成分まで覚えておく方がいいかもしれないね。とはいっても最低限の成分だけ覚えておけばOKだよ!

 

育毛剤の効果を支える成分はこれ

育毛剤の効果の根底にあるのは、やっぱり配合されている成分です。

配合されている成分によって、育毛剤の効果や個性も変わってきます。

たとえば医薬部外品指定でありながら、じつは「頭皮の炎症を抑える効果」しかないものもありますが、それでは男の強力な薄毛を治すことはできないでしょう。

◆育毛剤に最低限必要な効果

  • 悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制
  • 頭皮の血行をよくする

最低限こんな2つの効果がある育毛剤を選ぶことが大切です。

 

悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制する成分

あなたや僕を悩ませる薄毛は、ほとんどのケースが悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が、成長中の髪の毛に脱毛司令を送ることが原因。

つまり髪の毛を育てるよりも、抜け毛を止める方が先決なんです。

じゃないとせっかく育てたところで、それを邪魔する悪玉男性ホルモンがあると意味がありません。

そして悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を抑制するのは、こんな成分です。

◆ジヒドロテストステロンを抑制

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • センブリエキス

もちろんこのほかにも該当するものはありますが、評判のよい育毛剤には、基本的に上記3つのどれかが入っています。

ですから選ぶのなら「抜け毛を予防する」と書いてあるものか、成分をチェックしてこの3つの成分のどれかが使われているものを選びましょう。

 

頭皮の血行をよくするための成分

抜け毛を予防できたらつぎに必要なのが育てること。

そして髪の毛は毛母細胞が、血液から栄養を受け取ることで成長します。

頭皮の血行が悪くなるほど成長は遅くなり、毛細血管がほとんどなくなってしまうと、その部位は砂漠のようなもので何も生えてこなくなるのです。

つまり抜け毛を予防する成分が確認できたら、次にこんな成分が含まれているかをチェックしてみましょう。

◆頭皮の血液の巡りをよくする

  • イチョウ葉エキス
  • セファランチン
  • ピディオキシジル
  • M-034

昔から頭皮が硬い人はハゲるとよく聞きますが、これって頭皮の血行の良し悪しの尺度なんですよね。

それくらい血行の良し悪しは薄毛に関わっています。

次からちゃんとこの中の成分は確認してから買わないとな…。いったい今までどれくらいお金をムダにしてきたのかわからないよ。もっとはやく知りたかった〜。
タカシ
リョウ
だけどそんなもんじゃないの?最初から知識持ってる人の方が少ないし、やっぱりうまくいく人は、そんな風にとりあえずチャレンジしてみる人だし。みんなも次に育毛剤を買う時には、入っている成分もチェックしてみてね。意外に入ってないものも多いんだよ。

 

育毛剤と発毛剤の効果に違いはある?

育毛剤と発毛剤では明確に効果が違います。

  • 育毛剤 … 血行促進やDHTを抑えて抜け毛を予防し髪の毛の成長を促進する
  • 発毛剤 … AGAで髪の毛が抜けてなくなった場所にもう一度発毛させる

こんな違いがあります。

またかんたんにいうと育毛剤が医薬部外品で、発毛剤を医薬品と捉えることもできるでしょう。

つまりフィナステリドやミノキシジルは育毛剤とも呼ばれていますが、発毛剤にも分類できます。

ただしいくら発毛剤と言っても、完全にツルツルになってしまった場所に発毛させるのはかなり難しいの実情。

強力だとはいえ、手遅れになってしまう前にケアをはじめることが大切です。

あら!育毛剤と発毛剤も同じものかと思ってたら違うんだね。なんだかややこしくてこんがらがってきたけど、発毛剤を医薬品とおぼえておけばいいんだね。
タカシ
リョウ
それでOKだよ。厳密には医薬部外品を育毛剤、医薬品を発毛剤とおぼえておくといいと思う。化粧品も厳密には育毛剤じゃないんだ。説明する方もなんだか難しいなあ(笑)

 

 

【外用薬・内服薬】育毛剤(発毛剤)の種類で効果は変わる?

育毛剤には2つの種類があり、外用薬か内服薬では一概に効果の比較はむずかしいです。

ですが安全で手軽さを求めるなら、医薬部外品の外用薬を選ぶといいでしょう。

◆育毛剤のタイプ

  • 化粧品・医薬部外品 … 外用薬(塗るタイプ)のみ
  • 医薬品(発毛剤) … 内服薬と外用薬の両方あり

1つは外用薬として頭皮に直接塗るタイプで、大半の育毛剤がこのタイプです。

化粧品や医薬部外品、医薬品(発毛剤)のミノキシジルでもこのタイプがほとんど。

ですが医薬品・発毛剤のフィナステリド(製品名プロペシアなど)と、ミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)と呼ばれる2つだけは内服薬タイプです。

効果としては内服薬の方が強力ですが、繰り返しの説明の通り医薬品扱いですからかんたんに手に入りません。

ミノタブにいたっては日本では販売されておらず、国内で手に入る内服薬はフィナステリドのみです。

化粧品・医薬部外品の育毛剤はすべて塗るタイプの外用薬ですが、最初にはじめるならこのタイプでも効果はじゅうぶんですよ。

リョウ
基本は塗るタイプばかりだし、そっちを選んでおけば大丈夫!内服薬は病院治療でのみだから、一般的な育毛剤には関係ないんだ。

 

【期間・日数】育毛剤はいつから効果が出るのか

育毛剤を使いはじめてから効果を感じられるまでの期間と日数は、おおむね6ヶ月くらいだと考えておきましょう。

もちろん個人差もあり、3ヶ月で大きな変化を感じられる人もいれば、半年以上経ってもあまり変化を感じられない人までさまざま。

育毛剤にも男性ホルモンを抑えるタイプや血行促進タイプなど、いくつかのタイプがあるので自分に合ったものを選びたいところですね。

自分に合ったものを選べれば半年以内で効果を感じられるはずです。

僕は1年使った結果、明らかに見てわかるくらいに変化がありましたよ。

 

 

副作用が怖いけど育毛剤を使っても大丈夫?

育毛剤の副作用が怖いという人もいるかもしれませんね。

ですが育毛剤で副作用に悩まされることはほぼありません。

とくに一般的に売られている医薬部外品の場合、副作用はまずないです。

◆育毛剤の副作用について

  • 育毛剤(化粧品・医薬部外品) … 副作用の心配はない
  • 発毛剤(医薬品) … 副作用の恐れがある

このように発毛剤には副作用の恐れがあります。

フィナステリドなどの医薬品の場合は1.8%の性欲減退、1.3%の勃起機能障害、1.0%うつなどの事例が、ミノキシジルには頭痛・集中力の欠除・頭がぼーっとする・顔の紅潮といった事例が報告されています。

副作用を受けやすい人の場合は、日常生活に影響をきたすほどだとされていますから、人によっては注意が必要でしょう。

薬の影響を受けやすい人は、医薬品ではなく医薬部外品の育毛剤をオススメします。

リョウ
副作用の影響を受けやすい人は多いけど、医薬部外品の育毛剤にはその心配はないから安心してね。発毛剤の場合でも病院で医師の診察やカウンセリングがあるから、ちゃんと治療を受ければ安心だよ。

 

効果が認められているオススメの育毛剤はコレ!

育毛剤の種類はあまりにも多いため、本当にいい物を選ぶのはむずかしいですよね。

そこで僕が実際に使ってみて分析した育毛剤の中で、本当によかった物だけを5つピックアップしたのでご紹介します。

価格帯的にも安すぎず高すぎずの物だけを集めているので、きっと参考になるはずです。

 

チャップアップ

  概要 評価
注目の成分 センブリエキス
グリチルリチン酸
ジフェンヒドラミンHC
M-034
 
定期初回価格 7,400円(送料無料)
定期2回目以降価格 7,400円(送料無料)
3ヶ月分の合計費用 22,200円
1日あたりの費用 246円
通常価格(参考) 7,400円(送料660円)
返金保証 永久返金保証
総合評価 非常に良い

  • 育毛に必要な成分がほぼ全部入り
  • 利用者の97%が満足している
  • 専門家も認める育毛剤
  • 永久返金保証制度はチャップアップだけ!
  • 続けやすい価格でおサイフにもやさしい

人気で評判の高い育毛剤の代表格がチャップアップです。

ジヒドロテストステロンを抑えるための成分、血行を改善して髪の毛の成長を促進するための成分まで、しっかりと使われています。

しかもそれだけのよい成分を使っているのにも関わらず、完全無添加で頭皮に非常にやさしいことも評価のポイント。

頭皮にニキビや吹き出物ができて、荒れやすい人にはぴったりな育毛剤だといえるでしょう。

どんな育毛剤を選んだらいいかわからないと感じたら、まずはチャップアップを選んでおけば失敗はありません。

もし失敗したと感じても、チャップアップはなんと永久返金保証付ですから、万が一があっても全額お金は返ってくるので安心です。

 

 

イクオス

  概要 評価
注目の成分 Algas-2(アルガス2)
M-034
ペルベチアカナリクラタエキス
スサビノリエキス
種類 医薬部外品
定期初回価格 5,980円
定期2回目以降価格 5,980円
3ヶ月分の合計費用 17,940円
1日あたりの費用 199円
通常価格(参考) 11,852円
返金保証 45日間返金保証
総合評価 良い

  • 独自成分Algas-2がスゴイ!
  • 医薬部外品に分類される育毛剤の中ではかなり安い
  • 45日間の返金保証付き

イクオスはとてもコストパフォーマンスが優れた育毛剤。

チャップアップに迫る優秀な成分を使っているのにも関わらず、価格がは一回り安くなっているため、できるだけコストを抑えたい人にぴったりです。

また独自の成分Algas-2は注目に値するもので、医薬品であるミノキシジルと同等の発毛促進パワーがあるとされている、M-034に保湿効果のある成分などを複数ブレンド。

これから育毛剤をはじめて使う方、ほかの育毛剤を使っているけど乗り換えしたい人の、どちらの方にもオススメできる製品です。

 

>>レビューを見てみる

 

 

プランテル

  概要 評価
注目の成分 ヒオウギエキス
センブリエキス
セファランチン
グリチルリチン酸2K
定期初回価格 6,980円
定期2回目以降価格 6,980円
3ヶ月分の合計費用 20,940円
1日あたりの費用 223円
通常価格(参考) 8,200円
返金保証 30日返金保証
総合評価 良い

  • M字ハゲ向けの育毛剤
  • 悪性の男性ホルモンを抑制
  • 99%の方が変化を実感!

プランテルは育毛剤の中でも唯一「M字専用」を全面に打ち出した育毛剤です。

前頭部のM字ハゲは、薄毛の中でもとくに治りにくく、また防ぐのもむずかしい部位。

プランテルはそこに注目し、M字ハゲの原因となるジヒドロテストステロンの抑制に力を入れています。

そのためM字ハゲが少しずつ進行し、気になっているあなたにオススメしたい育毛剤です。

頭頂部よりも前頭部をなんとかしたいと考えているのなら、候補に入れてみてくださいね。

 

>>レビューを見てみる

 

 

ポリピュアEX

  概要 評価
注目の成分 バイオポリリン酸
センブリエキス
パントテニルエチルエーテル
ヒオウギエキス
定期初回価格 6,800円
定期2回目以降価格 6,800円
3ヶ月分の合計費用 20,400円
1日あたりの費用 227円
通常価格(参考) 7,800円
返金保証 45日返金保証
総合評価 良い

  • 独自システムと成分で育毛をサポート
  • 医薬部外品なのに安価
  • 45日返金保証あり

ポリピュアEXはほかの育毛剤にはない、独自の育毛理論に注目の製品です。

肌への浸透率が高く、また毛乳頭に働きかけて育毛を促進するバイオポリリン酸をより多く配合。

また髪の成長サイクルを正常化に導く、バイオパップスと呼ばれる完全独自の成分まで加えています。

もちろん従来の効果があるといわれる成分もたっぷり使われていることから、これまでの育毛剤で満足できなかった人に試してほしい製品です。

>>レビューを見てみる

 

 

ブブカ

  概要 評価
注目の成分 M-034
センブリエキス
グリチルリチン酸
ジフェンヒドラミンHC
 
定期初回価格 5,980円
定期2回目以降価格 11,664円
3ヶ月分の合計費用 29,308円
1日あたりの費用 326円
通常価格(参考) 26,670円
返金保証 30日返金保証
総合評価 ふつう

  • 高い品質で評価も高い
  • 利用者の98.1%が満足している
  • 30日の返金保証あり

ブブカは男性誌などで特集を組まれることの多い、非常に人気の育毛剤です。

M-034などの有効な成分をたっぷり配合。

バランスよく無添加の製法で、根強い人気を誇る定番の育毛剤のため、失敗したくない慎重派のあなたにオススメです。

>>レビューを見てみる

 

 

育毛剤の効果と役割まとめ

育毛剤にはこんな効果と役割があります。

◆育毛剤の効果のおさらい

  • 抜け毛予防
  • 育毛促進
  • 発毛促進

また全部同じように見える育毛剤でも、じつは化粧品・医薬部外品・医薬品の3つの分類があり、それぞれ効果の強さも違います。

そもそも化粧品に分類される育毛剤には、ほとんど効果がなく、頭皮の環境を整える程度のものがほとんど。

法律的にも厳密には育毛剤とは区別され「スカルケアプローション」といった呼ばれ方をします。

そして反対に医薬品になると、強力な効果がある反面、病院で保険適用外の治療を受ける必要があるうえに、とても強い副作用の恐れがあるという問題も。

こんな理由から、効果や副作用、価格までのバランスを考えると、医薬部外品の育毛剤を選ぶことがベストな選択です。

もちろん薄毛の進行具合によっては、より効果の高い医薬品を選ぶ必要があります。

ですが初期から中期までの薄毛に対しては医薬部外品がぴったりでしょう。

今の時点で育毛剤が決まっていないのであれば、育毛剤の詳細なランキングも合わせてチェックしてみてくださいね。

効果の高いものばかりを集めているため、きっとあなたの育毛剤選びの参考になるはずです。

 

 

育毛カレッジがイチオシする育毛剤はこの3つ!

【第1位】チャップアップ

今から育毛スタート
プラン セット内容 価格
即定期便 育毛剤(1本)+サプリ 9,090円(送料無料)
超即定期便 育毛剤(2本)+サプリ 13,840円(送料無料)
単品購入 育毛剤 7,400円(送料660円)

チャップアップは育毛剤の中でも、今特に人気で売れている育毛剤です。センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、グリチルリチン酸の効果でしっかり育毛を実感!満足度調査では97%の方が「満足している」と回答し、早ければ2、3ヶ月で産毛が生えるなどの効果を実感しています。効果に自信がある製品で、なんと永久返金保証も可能ですよ。

【第2位】イクオス

無添加育毛剤イクオス
プラン セット内容 価格
定期コース 育毛剤+サプリ 6,980円(送料無料)
定期コース 育毛剤のみ 5,980円(送料無料)
セット購入 育毛剤+サプリ 10,980円(送料630円)
単品購入 育毛剤 8,980円(送料630円)

イクオスの特徴は、脱毛酵素5αリダクターゼをブロックする、5種類の成分がたっぷりと含まれていること。脱毛をブロックすることで、育毛のサイクルを正常化させて育毛効果をはきりと実感できます。利用者の78%が「3ヶ月以内に発毛促進効果を実感した」と答えており、その実力は紛れもない本物です。また、モンドセレクション2016も受賞しその効果が世界に認められました。どの育毛剤を選べばよいか分からないのであれば、イクオスをチョイスしておけば間違いないでしょう。価格も手頃で定期コースでも縛りはなく、そのうえ45日間の返金保証もあり、絶対的に安心でおすすめの育毛剤です。

【第3位】プランテル

プランテル
プラン セット内容 価格
ずっとお得自動お届け 育毛剤(1本)+サプリ  6,980円(送料無料)
単品購入 育毛剤 8,200円(送料640円)

プランテルはM字に特化した育毛剤。これまで特定の場所に特化した育毛剤は存在しなかったため、新しい価値観を提供したはじめての製品だといえるでしょう。前頭部のM字ハゲの原因は、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによるもの。このジヒドロテストステロンを徹底的抑えて育毛効果を高めているのがプランテルというわけです。生え際がとにかく気になっているのなら、ぜひためしてみてください。

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

-育毛剤
-, , ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.