育毛シャンプー

この成分をチェック!育毛シャンプーに使われてる成分を分析してみた

更新日:

「育毛シャンプーって何を基準に選べばいいのかな?育毛シャンプーと普通のシャンプーも同じに見えるけど何が違うの?」

髪の毛のためにどんなシャンプーがいいのか調べていると、こんな疑問が出てきませんか?

アミノ酸系洗浄成分がいいと聞いても、成分表を一見したところでどれがそれなのかもわかりませんし、全部同じに見えてきてしまいますよね!

でも使い比べてみると、いいシャンプーとそうでないシャンプーは、明らかに洗い心地から乾かしたあとまで違うんですよね。

では一体何が違うのでしょうか。

 

本当によい育毛シャンプーを見分けるには

本当によい育毛シャンプーを見分けるための方法、それはやはり成分をきちんと確認することです。

どれだけメーカーの宣伝ページでよいことを書いてあったとしても、そのシャンプーが本当によいかどうかを見極めるためには成分を確認するしかありません。

ですがひとくくりに育毛シャンプーの成分といっても、あまりにもたくさんの種類があるためよくわからないのも事実ですね。

そこで「最低限これだけは見ておけ!」という成分について僕がきっちり解説するのでご安心を。

 

こんな成分が含まれている育毛シャンプーを選ぶ!

こんな成分が含まれている育毛シャンプーを選ぶ!

育毛シャンプーを選ぶ時にまず見るのはメーカーのページか、店頭でシャンプーの成分表を見るかの2つではないでしょうか。

その時にとくに注目してほしいのは次の成分たち。

  • アミノ酸系洗浄成分
  • ホホバオイル
  • ノコギリヤシ
  • オタネニンジン根エキス
  • セイヨウアカマツ球果エキス
  • ローズマリー
  • 馬油
  • 不飽和脂肪酸

ここに挙げる成分の数量が多いほど信頼できると考えていいと思います。

中にはアミノ酸系シャンプーと見せかけて、実は洗浄力を上げるために高級アルコール系洗浄成分が混じっているトラップもあるので注意が必要だったりします。

 

アミノ酸系洗浄成分

なによりも最初にこだわりたいのは、アミノ酸系洗浄成分であるかどうかです。

「よう聞くけど、結局アミノ酸系洗浄成分ってなんやねん!」と思ってる人も多いのでは?

まずシャンプーは大きくわけると、アミノ酸系と高級アルコール系の洗浄成分にわかれます。

アミノ酸系シャンプーならマイルドな洗浄力にくわえて、弱酸性であることからお肌にもやさしいのがメリット。

対して高級アルコール系シャンプーは、洗浄力が強く泡立ちもよいのですが、刺激も強いのがデメリット。

洗浄力が強くて刺激が強すぎると、必要以上に皮脂を落としてしまい、頭皮が傷んで乾燥することからかゆみやフケの原因になってしまうのです。

だから育毛シャンプーには、アミノ酸系のマイルドな洗浄力が求められるのです。

アミノ酸系洗浄成分であるかどうかは、次の成分が使われているかをチェックしてみましょう。

  • グリシン
  • メチルアラニン
  • グルタミン酸
  • メチルタウリン
  • サルコシン

もちろんこのほかにも該当するアミノ酸系洗浄成分はありますが、代表的なのはこれらです。

また「アミノ酸系」と表記しながらも、もし「ラウレル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」といった、高級アルコール系洗浄成分が配合されていればNGだと知っておくとよいでしょう。

 

ホホバオイル

ホホバオイルも育毛シャンプーに使われることの多い代表的な成分のひとつです。

頭皮や髪の毛のためによいとされる、次の4つの栄養素がたっぷり!

  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • アミノ酸

ビタミンB群は成長のために欠かせないもので、肌・爪・髪の細胞分裂のために重要な役割を持っています。

タンパク質の合成に必要だということは、髪の毛を構成するタンパク質であるケラチンにも深く関わり、毛母細胞を活性化させるということ。

ほかにもビタミンEについては血行促進効果、亜鉛については抜け毛と薄毛の原因になる5αリダクターゼを抑制する効果、という効果を持っています。

このようにホホバオイルは頭皮環境の正常化に効果的で重要な成分なのです。

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシには5αリダクターゼを抑制する作用が認められています。

男性型脱毛症(AGA)の基本的なメカニズムは次の通り!

  1. 5αリダクターゼが分泌される
  2. テストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換される
  3. DHTの受容体のある頭頂部と前頭部が影響を受ける
  4. 影響を受けた場所 の髪の毛が通常よりも早く抜ける
  5. 徐々にヘアサイクルが短くなり薄毛に

つまりノコギリヤシには、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼを抑制し、抜け毛の予防に繋げてくれるのです。

ただ本来は体の中から効かせる方がいいので、過度の期待はしない方がいいかもです。

 

オタネニンジン根エキス

オタネニンジンとは朝鮮人参や高麗人参とも呼ばれ、滋養強壮に効く漢方薬や健康食品としても知られているものです。

エキスに含まれるジンセノサイドには次の効果があるとされています。

  • 抗酸化作用
  • 血行促進効果
  • 自律神経を整える

どれも頭皮の環境を整えるためには欠かせない作用ですね。

 

セイヨウアカマツ球果エキス

セイヨウアカマツ球果エキスも育毛シャンプーに使われる王道の成分です。

その効果は次の通り。

  • 血行促進効果
  • 収れん作用
  • 充血緩和作用

頭皮を引き締めて、炎症を抑える働きがあります。

 

ローズマリー

ローズマリーには次のような効果があります。

  • 抗菌作用
  • 消炎作用

このような作用からかゆみやフケの予防によいとされています。

かゆみやフケが出るのなら、炎症や保湿が足りていない恐れがあるため、つねに予防に気をつけておきたいですね!

 

馬油

馬油(バーユ)も育毛シャンプーによく使われる成分です。

書いて字のまま馬の油なのですが、次のような効果が期待できます。

  • 抗酸化作用
  • 殺菌作用
  • 抗炎症作用
  • 血行促進作用

洗って流してしまうことを考えると、シャンプーで期待できるのは抗酸化作用、殺菌作用、抗炎症作用の3つでしょうね。

血行促進効果はオマケ程度に考えておくのがよさそうです。

 

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸には抗酸化作用や抗炎症作用があるとされています。

ただ育毛シャンプーに対しての明確な根拠は見当たらないので「入っていたらよりいい」くらいの感覚で考えておきましょう。

 

高級アルコール系洗浄成分の問題とは

頭皮や髪の毛のためによい成分はわかりましたが、なぜ高級アルコール系(石油系)シャンプーが問題なのかもかんたんに説明しておきますね。

高級アルコール系のシャンプーは安価で洗浄力も強いのがメリットですが、逆に言えば必要以上に洗浄力が高く、本来必要なはずの皮脂まで落としてしまうということ。

ドラッグストアやスーパーで売れられている500円前後の物はすべて高級アルコール系シャンプーでしょう。

皮脂には雑菌の繁殖を抑えたりと、頭皮を守るバリアの役割があるのですが、高級アルコール系シャンプーはその大切なバリアをすべて洗い流してしまいます。

その結果頭皮が乾燥し、炎症を起こしてフケが出たりと、肌が弱い人にとってはあまりよいとはいえないことばかりなのです。

ちなみに高級アルコール系シャンプーの「高級」とは分子構造のことで、炭素が6以上結合したものが高級アルコール、5以下であれば低級アルコールと呼ばれ、品質の高さなどは関係ありません。

話は逸れましたが、すべての人に高級アルコール系シャンプーが問題ということではありませんが、炎症やフケにかゆみなど、頭皮にトラブルを抱えている人は避けた方がよいでしょう。

 

シリコンシャンプー VS ノンシリコンシャンプー

育毛シャンプーだけではなく、常に議論されることの多いシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーですが、正直僕はどちらでもよいのかなと思っています。

というよりも、シリコンシャンプーだから悪いわけでもなく、これは髪質や洗い上がりの好みに合わせて選ぶべきだと考えているからです。

まずシリコンとは人工的に作られたケイ素系の樹脂で、キューティクルを保護したり、しっとりとした質感を保ちながらボリュームを持たせる力があります。

さらさらで手触りのいい髪の毛がいいのであれば、シリコンシャンプーの方がよいでしょう。

反対にやたらと推されることの多いノンシリコンシャンプーですが、軽い仕上がりが好みの人にはオススメです。

ただノンシリコンシャンプーの場合は、ふんわりとした質感にはなりやすいですが、どうしても髪がパサついてしまうデメリットもあります。

「シリコンが毛穴に詰まるからダメなんでしょ?」

シャンプーメーカーが主張する「毛穴にシリコンが詰まってハゲる」なんてことは、明確なエビデンスはないですし、そもそもよほど汚い状態でなければ毛穴詰まりが薄毛の原因にはなりにくいこともわかっています。

このようなことからも、ノンシリコンシャンプーにこだわらず、あなたの好みで選べばOKというのが美容師である僕の主張です。

美容室や理容室で使っている超高いシャンプーでも、ほとんどシリコンシャンプーですしね。

 

育毛シャンプーの成分まとめ

育毛シャンプーを選ぶ時に大切なのは、よーく成分をチェックすることです。

どんなシャンプーも同じに見えますが、実は調べてみると全然違います。

もちろん育毛シャンプー自体に直接髪の毛を育てる効果はありませんが、頭皮の環境を整えることで健康な髪の毛が育ちやすい環境にしてくれます。

そして環境作りに深く関わっているのが、シャンプーに配合されている成分ということですね!

この記事でご紹介した成分が使われているかを確認し、ぜひあなたの育毛シャンプー選びに役立ててください。

 

育毛シャンプーについて知る

ステップ①:【総まとめ】育毛シャンプーの概要を知る

ステップ②:育毛シャンプーの効果・役割を知る

ステップ③:育毛シャンプーの成分を知る←今この記事です

ステップ④:育毛シャンプーの選び方と比較

ステップ⑤:育毛シャンプーをランキングで選ぶ

 

育毛カレッジがイチオシする育毛剤はこの3つ!

【第1位】チャップアップ

今から育毛スタート
プラン セット内容 価格
即定期便 育毛剤(1本)+サプリ 9,090円(送料無料)
超即定期便 育毛剤(2本)+サプリ 13,840円(送料無料)
単品購入 育毛剤 7,400円(送料660円)

チャップアップは育毛剤の中でも、今特に人気で売れている育毛剤です。センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、グリチルリチン酸の効果でしっかり育毛を実感!満足度調査では97%の方が「満足している」と回答し、早ければ2、3ヶ月で産毛が生えるなどの効果を実感しています。効果に自信がある製品で、なんと永久返金保証も可能ですよ。

【第2位】イクオス

無添加育毛剤イクオス
プラン セット内容 価格
定期コース 育毛剤+サプリ 6,980円(送料無料)
定期コース 育毛剤のみ 5,980円(送料無料)
セット購入 育毛剤+サプリ 10,980円(送料630円)
単品購入 育毛剤 8,980円(送料630円)

イクオスの特徴は、脱毛酵素5αリダクターゼをブロックする、5種類の成分がたっぷりと含まれていること。脱毛をブロックすることで、育毛のサイクルを正常化させて育毛効果をはきりと実感できます。利用者の78%が「3ヶ月以内に発毛促進効果を実感した」と答えており、その実力は紛れもない本物です。また、モンドセレクション2016も受賞しその効果が世界に認められました。どの育毛剤を選べばよいか分からないのであれば、イクオスをチョイスしておけば間違いないでしょう。価格も手頃で定期コースでも縛りはなく、そのうえ45日間の返金保証もあり、絶対的に安心でおすすめの育毛剤です。

【第3位】プランテル

プランテル
プラン セット内容 価格
ずっとお得自動お届け 育毛剤(1本)+サプリ  6,980円(送料無料)
単品購入 育毛剤 8,200円(送料640円)

プランテルはM字に特化した育毛剤。これまで特定の場所に特化した育毛剤は存在しなかったため、新しい価値観を提供したはじめての製品だといえるでしょう。前頭部のM字ハゲの原因は、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによるもの。このジヒドロテストステロンを徹底的抑えて育毛効果を高めているのがプランテルというわけです。生え際がとにかく気になっているのなら、ぜひためしてみてください。

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

-育毛シャンプー
-, ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.