薄毛

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

投稿日:

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

こんにちは!

男性の40代といえば社会的な地位も高くなり、部下も多く従えたり、独立してバリバリと働いていたりと多忙な日々をお過ごしの方も多いことかと思います。

ですがそんなこととは無関係に薄毛の悩みは容赦なく襲ってきます。

男性ホルモンとの関係から、薄毛は30代ごろから少しずつ始まり、40代に入るとさらに進行が早くなります。

仕事で忙しいからと目を瞑っていては、残念ながら薄毛の進行を止めることはできません。

予防のため、改善のためにも薄毛の原因を知っておく必要があります。

今回は40代に多い薄毛の原因とその対策をご紹介させていただきます。

 

この記事で分かること

  • 40代の薄毛には複数の原因が重なっている
  • 生活習慣を正せば薄毛の改善のための糸口になる
  • 薄毛の解消にはテストステロンを増やすことが大切

 

40代からの薄毛の原因

40代からの薄毛の原因

薄毛と言ってもその原因は様々で、たったひとつだけを解消すればいいというわけではありません。

複数の原因から成り立っていることが多く、できるだけ多くの原因を知り、思い当たる原因は取り除かなければならないのです。

とくに心がけで正すことのできる生活習慣については、あくまで習慣ですから元に戻していくことは充分に可能なはず。

さっそくわたし達を悩ませる薄毛の原因を詳しく見ていきましょう。

 

男性ホルモンの減少

男性の薄毛を進行させる最大の原因が男性ホルモンの減少です。

男性ホルモンが減少すると薄毛がどんどん進行して、AGA(男性型脱毛)となります。

男性ホルモンが多い人はハゲやすいと言われていますが、じつはこの解釈は、全てが正しいとは決して言えません。

一般的に知られる男性ホルモンはテストステロンですが、このホルモン自体が増えても薄毛に影響はほとんどありません。

むしろあなたの体の健康と頑丈な体を維持するためには、できるだけたくさんの量を分泌することが望ましいのです。

ではテストステロンが足りなくなるなぜ薄毛となるのでしょうか。

 

問題なのはジヒドロテストステロン

問題なのはテストステロンの分泌量が減少した時に作られるホルモン「ジヒドロテストステロン」です。

ジヒドロテストステロンが薄毛の最大の原因だったのです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが足りなくなることで作られ、男性ホルモンとしての作用がとても強いのが特徴です。

少ない量でより高い作用を持つのがジヒドロテストステロンというわけですね。

ですがそんなジヒドロテストステロンの持つ問題が、毛母細胞に働きかけて髪の毛の成長を止める働きです。

成長が止まった髪の毛は2〜3週間で抜け落ち、2〜3ヶ月の休止期(冬眠のような状態)に入ります。

この間は毛穴から髪の毛は見えません。

そしてどれだけ成長している髪の毛であっても、強制的に休止期に変えてしまうジヒドロテストステロンはとても厄介なものです。

髪の毛が太く成長する前に休止期に変えられることが続くと、少しずつそのサイクルが短くなり、最終的に毛穴まで塞がってしまいます。

そうなる前になんとかしたいものですね。

 

偏った食生活

偏った食生活

偏った食生活は毛母細胞に悪い影響を与えて薄毛を進行させます。

その理由は、人の体が食べた物の栄養を素材に作られていることに起因しています。

髪の毛も例外ではなく、主にタンパク質を材料に作られていますが、タンパク質だけあればいいというものではありません。

ビタミンやミネラルなども複雑に関わりがあり、結局のところは栄養バランスが大切ということですね。

何かが充分に足りていても、ほかの物が足りていないと正しく機能しないのです。

それに脂分の多いものばかり食べていれば、皮脂が出すぎて毛穴を詰まらせることにも繋がります。

 

そして髪の毛に必要な栄養はタンパク質(アミノ酸)とビタミンと亜鉛(ミネラル)です。

タンパク質は比較的摂取しやすいのですが、ビタミンや亜鉛は意識しなければ摂取しにくい栄養素です。

食べ物の好き嫌いや手に入りやすさもあります。

サプリメントからの摂取もおすすめなので試してみてください。

 

喫煙

喫煙には血管を収縮させる作用があり、頭皮の中を走る毛細血管にも影響があります。

そもそも頭皮は心臓から常に高い位置にあるため、何もしなくても血流が悪くなりやすい箇所でもあります。

そこに喫煙による血管収縮が起こるとさらに悪化します。

頭皮の血流をよくすることは髪の毛に栄養を送り、成長を促すためには欠かせません。

頭皮の健康のためにできることならタバコは控えましょう。

 

飲酒(お酒・アルコール)

お酒はジヒドロテストステロンを増やして薄毛の進行を早めます。

飲酒も適量ならアルコールを分解できますが、能力以上のアルコールは分解できずにアセトアルデヒドと呼ばれるものに変えられます。

このアセトアルデヒドがジヒドロテストステロンが生まれる原因となる、5αリダクターゼという酵素を活性化させてしまいます。

5αリダクターゼが増えるとジヒドロテストステロンが増え、薄毛を進行させてしまうということですね。

適量を超える飲酒は控えましょう。

 

加齢

避けることができない加齢も薄毛の原因のひとつです。

ですが思っているよりも影響の度合いは意外にも少なく、加齢による薄毛の原因はあなたが思っているものとは少し違うかもしれません。

男性ホルモンの量が減ることが薄毛の原因ではありますが、実はこれってあまり大きな原因ではないのです。

それよりも髪の毛の質の変化の方が影響が多い場合があります。

髪の毛の質の変化による薄毛は、毛根にある毛母細胞の老化で髪が細くなることです。

髪の毛の水分量や毛穴の変形により、縮れたようなクセがでるのが特徴です。

ですがこの問題も早いうちからケアをすることで、髪の毛の質を若く保つことも可能です。

深刻な影響はあまりありませんが、日頃から頭皮環境のケアはしておきたいですね。

 

ストレス

40代に多い薄毛の原因として挙げられるものに「ストレス」があります。

仕事でも大きな責任があるポジションであることも多く、上司と部下の間に挟まれて、そのストレスの大きさは実際に体験している人にしか分からないでしょう。

40代ともなれば家庭でも子供の進学や親の介護の話が出てくる時期とも重なり、そのほかにもたくさんのトラブルに参っているのではないでしょうか。

そして大きなストレスは薄毛の原因となります。

ストレスに対抗するために、髪の毛の成長に必要な亜鉛をたくさん消費してしまうのです。

さらにストレスは男性ホルモンの分泌を阻害するため、男性ホルモンの減少にも直接関わっておりAGAの引き金です。

ほかにも喫煙や飲酒もストレスが原因で、本数や飲む量が増えることでさらに薄毛の進行を早めます。

ストレスは薄毛の大敵ですから、適度に発散できる環境は整えたいところです。

 

40代の薄毛原因の対処方法

薄毛を改善するためには、シンプルに原因をなくしていくことがいちばんの近道です。

手軽にできるのはバランスの取れた食生活と禁煙と飲酒量の調整です。

ほかにもわかりにくい「テストステロンの減少」を改善するという対処方法もあります。

ですがテストステロンの分泌量は本人にも自覚できないため、対処できているかどうかが分かりにくいのが難点。

解決方法としては、単純にテストステロンの分泌量を増やす方法を試すのがいちばんではないかと思います。

テストステロンの分泌量を増やすためにはこんな方法があります。

  • 標準体型にする
  • 睡眠時間を6時間以上取る
  • 筋トレをする
  • 亜鉛を摂る

このうち、できることからぜひ試してみてくださいね。

それではここからは詳細を説明させていただきます。

 

標準体型にする

痩せすぎや太りすぎは男性ホルモンの分泌量の減少に繋がるため、理想的な標準体型を目指しましょう。

あなたが痩せすぎか太りすぎか、どれくらいの体重が標準体型なのかを知るためにはBMIを活用するのがおすすめ。

筋肉量などによっても前後するため万能ではありませんが、かんたんに目安の体重を知ることができますよ。

BMIから導き出された数字を信頼しておけば、大体OKだと考えてよいでしょう。

BMIの算出方法

BMI=体重kg / (身長m × 身長m)
標準値 = 20〜22
理想の体重 = 20〜22 × (身長m×身長m)

 

睡眠時間を6時間以上取る

薄毛の改善のためには睡眠時間の確保が欠かせません。

睡眠はテストステロンを分泌するのに必須で、睡眠時間が足りていないとテストステロンの量も少なくなってしまいます。

できることなら最低でも6時間の睡眠時間は確保してください。

忙しい毎日の中ではなかなか6時間も眠れないという人も多いと思いますが、意識して「6時間寝る」と決めておけば意外に睡眠時間は確保できるものです。

テストステロンのためにもしっかり眠りましょう。

 

筋トレをする

筋トレする男性

テストステロンには筋肉をつくるという役割もあります。

筋トレをすることで、体がテストステロンを必要と判断すれば分泌量は増えていきます。

「筋肉を付けるとハゲる」なんて話を信じている人もいますが、まったくの逆です。

筋トレは薄毛のためにも効果があるのです。

 

糖質の多い食べ物を避ける

詳しい理論は分かってはいませんが、糖質の多い食べ物を食べている人は、そうでない人に比べて15〜25%ほどテストステロンの分泌量が少ないという研究結果が出ています。

髪の毛のためだけではなく、糖質を減らすメリットは多方面から指摘されていますよね。

たしかに糖質は食べ過ぎると太る、眠たくなるなどあまりいいことはないように感じられます。

この機会に糖質制限にも挑戦するといいかもしれないですね。

 

亜鉛を摂る

亜鉛は細胞分裂を促して、髪の毛を育てるためには欠かせません。

何を隠そう亜鉛は精子やテストステロンの材料でもあり、亜鉛不足は髪の毛のためにも、体のためにもいいことは何ひとつありません。

亜鉛が不足すると薄毛の原因になるということです。

 

まとめ

40代に入ると薄毛はぐっと進行してしまいます。

その理由は様々ですが、複数の要因が重なり薄毛を進行させています。

ほとんどの原因は生活習慣によるもののため、その悪しき生活習慣を正すことで薄毛を改善させられる可能性があります。

標準体型にすることや、筋トレをすること、糖質を避けて、睡眠時間を確保する。

こんなシンプルなことでも、育毛を始める前の基礎になります。

ここから育毛を長期で続ければしっかりと薄毛の改善を実感できるのではないかと思います。

 

人気の育毛剤ランキング

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

-薄毛
-, , ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.