薄毛

30代の薄毛の原因には何がある?

投稿日:

30代になると薄毛で悩む恐れは急に高くなります。

今までと変わらない生活をしていたのに、突然増える抜け毛、額の後退、それが分かった時には落ち込んじゃいますよね。

わたしも「自分には関係ない」と思っていたのですが、32歳の時にいきなり来たのでかなり焦りました。

でもその後すぐに薄毛対策を始めたため、完璧ではないにしてもだいぶ元に戻りました。

今回は30代になると悩むことが多くなる、薄毛の原因についてご紹介させていただきます。

 

薄毛の原因

薄毛の原因は1つだけではなく、いくつもの原因が複雑に関わり合っています。

その中でも代表的な薄毛の原因は以下の通りです。

 

AGA(男性型脱毛)

男性が薄毛に悩む原因のほとんど全てがAGA(男性型脱毛)です。

そのため薄毛を理解するためには、まずAGAについて正しい知識を知っておく必要があります。

何せAGAは男性ならだれでも悩むことになる共通の課題です。

 

それでははじめに髪の毛の成長について説明します。

髪の毛には成長期・退行期・休止期という段階があります。

成長期は文字通り髪の毛が成長していく期間で、3〜5年の時間をかけて産毛から太い髪の毛まで成長していきます。

退行期に入ると髪の毛はほとんど成長しなくなり、2〜3週間かけて毛根が少しずつ弱っていき、最後には抜け落ちてしまいます。

休止期は次の髪の毛が生えてくるまでの準備期間で、2〜3ヶ月ほどだとされています。

 

この髪の毛の成長がAGAにどう関係しているかですが、AGAには成長期が極端に短くなるという特徴があります。

短くなる期間は人それぞれなのですが、極端な例であれば1〜2か月程度とも言われています。

通常3〜5年かけて成長していく髪の毛が、1〜2ヶ月程度にまで短くなれば、薄くなっていくのは想像に難くないですよね。

AGAでも退行期と休止期には何も影響はなく、薄毛が進行するのは成長期が短くなり繰り返し抜けてしまうことなんです。

そのうち髪の毛はどんどん細くなり、最終的には毛穴から何も生えてこなくなりますが、ここまでいくと元に戻すのはかなり難しいです。

そうなる前に対策を始めましょう。

 

男性ホルモンの減少

AGAの原因は男性ホルモンである「テストステロン」の減少が原因です。

「男性ホルモンが多いと薄毛になるんじゃないの?」

このように考えている方は非常に多いかと思いますが、実は少し違います。

男性ホルモンにも種類があり、薄毛の原因となるのは「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。

ジヒドロテストステロンはテストステロンの何倍もの脱毛作用を持っており、額やつむじ付近はこのホルモンの影響を受けやすいため薄毛になりやすいのです。

 

テストステロンが減少する原因

テストステロンが減少する原因は様々で、一部は避けられないものもありますが、その大部分は生活習慣によるものです。

代表的な例ではこんな5つの原因が挙げられます。

  • 加齢
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 肥満・痩せ過ぎ

それぞれの原因を詳しく確認してみましょう。

 

加齢

抗いようはありませんが、加齢によってテストステロンは少しずつ減少していきます。

20代半ばを過ぎたあたりから少しずつテストステロンは減少し始め、ジヒドロテストステロンが増えてくるようになります。

30代に入るとよりテストステロンの減少は進み、あなたの薄毛を気づかないうちに進行させています。

とは言っても30代であれば、加齢で急激に薄毛を進行させるほどの影響力はないので安心してください。

 

睡眠不足

睡眠不足はテストステロンの分泌量を減らす要因です。

現代人の中でもとくに働き盛りの30代では、責任のある仕事を担当することや、仕事仲間との付き合いで睡眠時間が削られることもしばしばでしょう。

睡眠不足は薄毛の大きな原因になるだけではなく、心身の健康を害する原因にもなるため、できれば6時間以上の睡眠時間をとるように心がけましょう。

 

喫煙(タバコ)

喫煙は薄毛の原因になるだけでなく、健康への悪影響があることも知られていますよね。

タバコを吸うと血管が収縮し、血行を悪くするという観点から薄毛の原因とされています。

ですが実際には、喫煙によるテストステロンの減少のほうが薄毛への影響が大きいとも考えられています。

喫煙者はそうでない人に比べて10〜15%テストステロンの分泌量が低いという統計もあります。

 

肥満・痩せすぎ

肥満は健康に悪いイメージがありますが、痩せすぎもテストステロンを減少させる原因です。

どちらも標準体重からかけ離れすぎていると、テストステロンの分泌量が低くなるのです。

標準体重に合わせて体重をコントロールすると、テストステロンの分泌量も正常な状態になるでしょう。

あなたの標準体重がどれくらいなのかを知るためには、下記のBMIによる算出が役立ちます。

BMIの算出方法

BMI=体重kg / (身長m × 身長m)
標準値 = 20〜22
理想の体重 = 20〜22 × (身長m×身長m)

 

糖質の多い食べ物をよく食べる

糖質を多く食べる人はテストステロンの分泌量が低下するという研究結果が出ています。

糖質は先ほども述べた肥満の原因にもなるため、必要以上に口にしないようにしてください。

決して大変な糖質制限をした方がいいということではなく、適量以上に食べないようにすることが大切です。

ご飯だけではなく、お菓子や調味料、わたし達が口にするたくさんの物に糖質が入っています。

そのため、ある程度は意識をしておかなければ糖質はついつい食べ過ぎてしまうのです。

 

他にもある薄毛の原因

AGAの原因であるジヒドロテストステロンができる過程には、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が関わっています。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼという酵素の影響を受けて変性します。

つまり5αリダクターゼが活発になるほど、どんどん薄毛が進行するということですね。

そして5αリダクターゼが多くなる原因にはこんなものがあります。

  • 過度な飲酒
  • 遺伝

2つの原因について詳しく説明します。

 

過度な飲酒(アルコール)

30代にもなると付き合いでお酒の席も多くなりますよね。

適量の飲酒であればそこまで薄毛に大きな影響はありませんが、飲む量が多いと話は変わってきます。

飲酒には適量というものがあり、適量とは体内でアルコールを正常に分解できる量です。

もちろん個人差があるので目安にしかならないのですが、適量を超えてお酒を飲むと処理しきれずにアセトアルデヒドに変えられます。

アセトアルデヒドは二日酔いなどの原因で、実は5αリダクターゼの働きを活発にする作用があります。

たまの楽しいお酒であればよいのですが、毎日適量以上のお酒を口にしている人はこの機会に考えてみるのもよいかもしれないですね。

 

遺伝

薄毛の遺伝には5αリダクターゼの活性度合いと、その感受性の2つが関わっています。

遺伝が原因と聞くと「あきらめるしかない」と感じる人もきっと多いのではないでしょうか。

ですが今ではその作用を抑えるクスリもありますし、テストステロンの分泌量が安定していれば大きな影響はありません。

もちろんある程度は薄毛に影響していることには間違いがないため、家系的に薄毛の割合が多いのであれば、早いうちから薄毛の対策を始めましょう。

 

まとめ

薄毛の原因にはAGAと男性ホルモンの減少があります。

そしてその問題に影響しているのが加齢、睡眠不足、喫煙、肥満・痩せ過ぎで、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンを増やす原因となっています。

30代からは急に薄毛が進行することもしばしばです。

一度完全に抜け落ちてしまった場所を元に戻すためには多大な労力が必要です。

はやい段階から薄毛の対策を始めて、完全になくなる前に元の状態に戻す努力をしましょう。

薄毛を克服するための育毛剤選び

あなたは自分の薄毛・AGAを諦めてはいませんか?

ですが諦めるのはまだ早いです!本当に効果のある育毛剤を使い、生活習慣を正せばあなたの薄毛が改善する可能性は高いのです。

「絶対薄毛を克服して周りを見返したい!もっとモテたい!」

「薄毛を治してもっといろいろな髪型や服を楽しめるようになりたい」

それならやっぱり育毛剤にお任せ。

こちらの人気のオススメ育毛剤ランキングで、くわしく比較してみてください。

\オトクなキャンペーンもあるよ!/

 

薄毛の悩みを解決するステップ

遺伝と薄毛の切っても切れない関係と、放置するとさらにハゲる習慣

ひょっとししてシコり過ぎ?オナニーをやり過ぎると薄毛になる(ハゲる)のか

薄毛の治し方と対策!自宅できるケアと病院治療まとめ

薄毛や頭皮環境が改善するまでの期間とは?半年がんばると変化があるかも

【食事から改善しよう】薄毛に効く食べ物と栄養とは?

うわ!いつの間に?薄毛を予防・防止するためには生活習慣を見直すべし

 

年代別薄毛の解決方法

【手遅れになる前に】20代の薄毛を改善する方法とは

30代から始める男性の薄毛(AGA)対策と効果とは?

【やっぱり来たか】40代男性の薄毛の原因と改善方法とは?

【まだ諦めたくない!】50代男性の薄毛の原因とその対策とは?

 

薄毛の克服アイテム・治療法

【決定版!】人気のおすすめ育毛剤ランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛シャンプーランキング2018

【決定版!】人気のおすすめ育毛サプリランキング2018

確実にハゲを克服したい人向け!薄毛治療・AGA治療のまとめ

FUT法とFUE法は何が違う?今主流になっている自毛植毛の方法まとめ

人気のおすすめ育毛剤ランキング2017

育毛を成功させるためには、育毛剤選びが欠かせません。もちろん生活習慣やマッサージ、シャンプーの方法なども影響していますが、育毛剤の毛髪の生え変わりのサイクルを整えてくれる効果は見逃せません。

今回はたくさんの種類のある育毛剤をランキング形式でおすすめの順にご紹介させて頂きます。

【第1位】チャップアップ

今から育毛スタート
プラン セット内容 価格
即定期便 育毛剤(1本)+サプリ 9,090円(送料無料)
超即定期便 育毛剤(2本)+サプリ 13,840円(送料無料)
単品購入 育毛剤 7,400円(送料660円)

チャップアップは育毛剤の中でも、今特に人気で売れている育毛剤です。センブリエキス、ジフェンヒドラミンHC、グリチルリチン酸の効果でしっかり育毛を実感!満足度調査では97%の方が「満足している」と回答し、早ければ2、3ヶ月で産毛が生えるなどの効果を実感しています。効果に自信がある製品で、なんと永久返金保証も可能ですよ。

【第2位】イクオス

無添加育毛剤イクオス
プラン セット内容 価格
定期コース 育毛剤+サプリ 6,980円(送料無料)
定期コース 育毛剤のみ 5,980円(送料無料)
セット購入 育毛剤+サプリ 10,980円(送料630円)
単品購入 育毛剤 8,980円(送料630円)

イクオスの特徴は、脱毛酵素5αリダクターゼをブロックする、5種類の成分がたっぷりと含まれていること。脱毛をブロックすることで、育毛のサイクルを正常化させて育毛効果をはきりと実感できます。利用者の78%が「3ヶ月以内に発毛促進効果を実感した」と答えており、その実力は紛れもない本物です。また、モンドセレクション2016も受賞しその効果が世界に認められました。どの育毛剤を選べばよいか分からないのであれば、イクオスをチョイスしておけば間違いないでしょう。価格も手頃で定期コースでも縛りはなく、そのうえ45日間の返金保証もあり、絶対的に安心でおすすめの育毛剤です。

【第3位】プランテル

プランテル
プラン セット内容 価格
ずっとお得自動お届け 育毛剤(1本)+サプリ  6,980円(送料無料)
単品購入 育毛剤 8,200円(送料640円)

プランテルはM字に特化した育毛剤。これまで特定の場所に特化した育毛剤は存在しなかったため、新しい価値観を提供したはじめての製品だといえるでしょう。前頭部のM字ハゲの原因は、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンによるもの。このジヒドロテストステロンを徹底的抑えて育毛効果を高めているのがプランテルというわけです。生え際がとにかく気になっているのなら、ぜひためしてみてください。

-薄毛
-, ,

Copyright© 育毛カレッジ , 2018 All Rights Reserved.